メモ2014-04-11
テーマ:その他

椿の名所巡り

椿の名所巡り

こんにちは京子です♪

今回は椿の名所をご紹介したいと思います。

椿は、古くは万葉集で詠まれ

俳句では春を表す季語となっています。

また、茶花としても良く使われ

品種は多く、その数は200種にも及ぶそうですよ

※見ごろの期間が記載されているものについては、年によってバラつきがあると思いますので参考程度にご覧下さい。


では早速ご紹介していきましょう♪


 真 如 堂(しんにょどう)

三重塔をバックに椿

例年の見ごろ:1月~3月


境内のいろいろな場所で椿が見れますけれど

ひときわ目立っているのは

参道右手に見えるやぶ椿です。

参道を歩いていくと

ちょうど三重塔をバックに写真を撮ることが出来るんですね


 地 蔵 院(じぞういん)(椿 寺(つばきでら))

地蔵院の椿

例年の見ごろ:4月上旬


通称『椿寺』と言われるほど

椿が有名なお寺なんですね。

それは、戦国武将である加藤清正(かとうきよまさ)が

朝鮮から豊臣秀吉のために持ち帰ったという

五色八重の散椿をこの地に植えたということに

由来しているんですね。

現在は、樹齢100年の

2代目椿を境内で見ることが出来ます


 平 岡 八 幡 宮(ひらおかはちまんぐう)

舞殿前の椿

例年の見ごろ:3月中旬~4月上旬


境内には何種類もの椿が植えられていて

神殿前の平岡八幡やぶ椿は圧巻なんです!

また、境内にあるしだれ八重白玉椿は

白玉椿伝説なるものが伝わっています


 霊 鑑 寺(れいがんじ)

霊鑑寺のガラスのお皿の椿

例年の見ごろ:4月上旬


30種類以上の椿があり

通常非公開のお寺です。

しかし、椿の咲く春のこの時期は

特別公開中ですので、椿を見ることが出来るんですね

境内には創建当初から植えられていると伝わる

京都市の天然記念物

『日光椿(じっこうつばき)』があり

樹齢は300年以上あるそうです♪


という事で

いくつか椿の名所をご紹介しました

この他にも椿の名所に

こんなところがある!と知っている人は

どしどしコメントして教えて下さいね。