メモ2013-08-25
テーマ:その他

京の火渡り祭巡り

本日は、『火渡り』が行われている京都のお寺を

まとめてみましたよ

火渡り

火渡りとは

護摩焚きをした後

まだ残り火が付いている灰の上を

素足で渡るというものです。


護摩焚きの火は

不動明王の『知恵の火』と言われ

穢れ(けがれ)や煩悩などを焼き尽くし

身を清めると言われているんですよ


ちなみに護摩焚きは

『山伏(やまぶし)』が行っています。


彼らは山に籠もって厳しい修行を積み

『験(しるし・一種の霊力?)』を身につける

修行をしている人の事なんです。


本日、ご紹介するお寺は

一般の人でも参加出来る場所なんですよ~


・4月29日-志明院(志明院大祭)

京都府京都市北区雲ヶ畑出谷町261


志明院(しみょういん)は

雲ヶ畑(くもがはた・京都市の北)にあるお寺です。


弘法大師・空海(くうかい・平安時代の僧)が829年

淳和天皇(第53代天皇)の命により再興したと言われています

※本尊である不動明王は空海により作られたそうですよ。


また、このお寺にある森を

司馬遼太郎(しばりょうたろう・作家)が

『もののけの住む場所』と言った所から

あの有名なスタジオジブリの映画

『もののけ姫』のタイトルが生まれたと言われています


別名、石楠花祭(しゃくなげさい)とも言われる

志明院大祭では

護摩焚きが終わった後

住職を先頭に、信者の方が無病息災を祈って

火渡りを行います。


・7月28日-狸谷山不動院(火渡り祭)

狸谷山不動院の火渡り祭

京都府京都市左京区一乗寺松原町


狸谷山不動院(たぬきだにさんふどういん)は

一乗寺(いちじょうじ・京都市の北東)にあるお寺です。

※詳しくは、狸谷山不動院の記事をご覧ください。


本堂での法要や護摩焚きの後

護摩壇が分解され、一面に広げられます。


幅約2メートル、長さ約4メートルの

人が通る道を1本作ると

山伏の方がまず最初に歩き、続いて一般の人が渡る事が出来ます。


ちなみに、狸谷山不動院では『火渡りおふだ』が

1000体限定で売られていましたよ

※詳しくは、火渡り祭 2011(狸谷山不動院)、火渡り祭 2012(狸谷山不動院)の記事をご覧ください。



・8月17日-一言寺(柴灯大護摩供火渡り修行)

一言寺の火渡り

京都府京都市伏見区醍醐一言寺裏町3


一言寺(いちごんじ)は

『醍醐(だいご)』と呼ばれるエリアにあるお寺です。


一言寺では、護摩焚きの後に

山伏による湯立てが行われているんですよ


湯立てが終わる頃には

護摩壇が燃え尽きているので

その後、火渡りに向けて山伏の方が入念に足場をチェックした上で

参加する事が出来ます。

※詳しくは、柴灯大護摩供火渡り修行 2012(一言寺)の記事をご覧ください。


・5月、11月(春と秋の第2日曜日)-不動院(柴燈大護摩・火渡り)

京都府京都市左京区北白川地蔵谷町1-244


不動院(ふどういん)は

京都市左京区にあるお寺です。


御所の北東にある事から

鬼門除けの守護と

旅の安全を祈って

不動明王が安置されたのが始まりと言われています


不動院で行われる火渡りは

まだ火が燃え盛る中を

山伏の方が渡ります。

※信者の方から寄せられた護摩札の入った箱を持って渡るんですよ。


という事で

本日は『京の火渡り祭巡り』をご紹介しました。

ぞれぞれのお寺の場所はコチラ↓


より大きな地図で 京の火渡り祭巡り を表示