メモ2016-01-01
テーマ:その他

猿にちなんだ神社仏閣巡り

皆さん明けましておめでとうございます!


しばらく更新が出来ずにいました事を

この場をお借りしてお詫び申し上げます


言い訳をすると

本業のシゴトが忙しくなりすぎてしまって・・・

といったカンジです。。。


けれど、2016年度からは

今まで以上に頑張って更新していくつもりですので

どうかよろしくお願いします!


さて禊も終わったという事で

さっそく2016年の最初の京都をご紹介していきましょう♪


今回ご紹介するのは

猿にちなんだ神社仏閣巡りです!


2016年の初詣、まだどこにも

お参りに行ってない方が

いるんじゃないでしょうか?


そこで今回は2016年今年が申年という事で

猿にちなんだ神社巡りをご紹介したいと思います!


それでは早速、ご紹介していきましょう!

※50音順です。


新日吉神宮(いまひえじんぐう)


新日吉神宮


場所:京都市 東山区妙法院前側町451-1


新日吉神宮は平安時代に

後白河上皇(ごしらかわじょうこう:第77代天皇)が

比叡山(ひえいざん)の日吉大社

(ひよしたいしゃ)を勧請(かんじょう)し

法住寺殿(ほうじゅうじでん)の鎮守社として

創建したのが始まりです。

※勧請とは、神様の分霊をお迎えしてお祀りする事です。


そんな新日吉神宮の神使(しんと)は

なんとお猿さんなんですね~♪


新日吉神宮の神使

新日吉神宮の神使


新日吉神宮の神使2

幣帛(へいはく)を持っています。


これは、日吉大社の神様の使いが

猿だった事にちなんでいるんです!


猿は「去る」に置き換えられ
「魔が去る」という事から
魔除けの象徴とされる上に
「勝る」「優る」といった
縁起の良い部分もあるからなんですね!


■大豊神社(おおとよじんじゃ)


大豊神社


場所:京都市左京区鹿ケ谷宮ノ前町1


大豊神社は、椿ケ峰(つばきがみね)にあった事から

かつて椿ケ峰天神と呼ばれていた神社で

887年(仁和3年)に宇多天皇

(うだてんのう:第59代天皇)の

病気平癒の為に建てられた勅願社です。


そんな大豊神社の境内には

日吉社がお祀りされているんですね~。


大豊神社の猿

大豊神社の狛猿


日吉社の前には狛犬ならぬ
狛猿(こまさる)がある事で
知られています!


幸神社(さいのかみのやしろ)


幸神社の本殿


場所:京都市上京区今出川通室町西入堀出シ町285


幸神社は、平安京遷都を行った

桓武天皇(かんむてんのう:第50代天皇)が

その平安京の鬼門除けの為に

道祖神(どうそしん)をお祀りしたのが

始まりなんだそうです。


ちなみに以前の場所は

平安京の北東の鬼門にあたる方角に

あったとされ、現在も

京都御所の北東の鬼門にあたる方角に

あるんですね♪


幸神社の鬼門除けの猿

幸神社の鬼門除けの猿


そんな幸神社の本殿北東角には
左甚五郎(ひだりじんごろう)の作と伝わる
鬼門除けの木像の猿が安置されています!

※鬼門除けの猿について詳しくは、京都の鬼門除けの猿めぐりの記事をご覧下さい。


猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)


猿田彦神社


場所:京都市右京区山ノ内荒木町3


猿田彦神社は平安時代

伝教大師(でんぎょうだいし)最澄(さいちょう)が

猿田彦大神をお祀りした事が始まりで

後に嵯峨天皇(さがてんのう・第52代天皇)が

社殿を整えたといわれているんですね。


そんな猿田彦神社は通称

山之内庚申(やまのうちこうしん)とも呼ばれ

京都三庚申(きょうとさんこうしん)の1つに

数えられています!

京都三庚申について詳しくは、京都三庚申の記事をご覧下さい。


猿の彫刻

猿の彫刻


庚申の使いが猿とされている事からか
拝殿には猿の彫刻がされているんですよ。


猿丸神社(さるまるじんじゃ)


猿丸神社


場所:京都府綴喜郡宇治田原町大字禅定寺小字粽谷44


猿丸神社は、京都府の

宇治田原町(うじたわらちょう)にある神社で

祭神に猿丸大夫(さるまるだゆう)を祀っています。


猿丸大夫は『三十六歌仙
(さんじゅうろっかせん)』

1人に数えられている事以外は

全てが謎に包まれた人物なんですね。


そんな猿丸大夫をお祀りしている
猿丸神社には狛犬ならぬ
狛猿が安置されています♪


狛猿・右側

狛猿・右側


狛猿・左側

狛猿・左側


こちらの狛猿を擦った手で自分の体をさすると

病気にかかりにくいという事で

遠方からも沢山の人が参拝に来られるんですよ♪


ちなみに猿丸神社

こぶ取りの神様とも呼ばれ

ガン封じのご利益があるといわれています。


正行院(しょうぎょういん)


正行院


場所:京都市下京区東洞院通塩小路町744


正行院は、若山正行が1538年(天文7年)に

開山に円誉道阿(えんよどうあ)を迎え

創建したと伝わる浄土宗のお寺です。


そんな正行院は通称
猿寺(さるでら)と呼ばれているんですね~♪


その昔、又十郎という猟師が

北山(京都市北部)で一匹の猿を見つけ

弓矢で射止めようとした際

猿がなんと、自分の首輪を

引っ張りならが命乞いをしたそうです!


それに驚いた又十郎は

「命は取らないから代わりに首輪を置いていけ!」

と言うと、猿は言われた通りに

首輪を置いて逃げていきました。


その後、又十郎が首輪を調べてみると

そこには『南無阿弥陀仏』と書かれた

お守りがついていたそうです。


又十郎はそのお守りが

円誉が与えたものだという事を後に知り

それまでの殺生を繰り返してきた

自分自身を悔いると改心して

円誉の弟子になったと伝わっています。


正行院は、そんなエピソードから

猿寺と呼ばれているというわけなんですね~♪

※詳しくは、正行院の記事をご覧下さい。


猿の置物

猿の置物


境内にはいろいろな場所に
猿の置物などが置かれているんですよ~♪


赤山禅院(せきざんぜんいん)


赤山禅院の拝殿


場所:京都市左京区修学院開根坊町18


赤山禅院は888年(仁和4年)に

安慧(あんね)というお坊さんによって

延暦寺の別院として創建されました。


御所から見て北東の方角

北東表鬼門(おもてきもん)に

当たる事から、方除けの神としても

崇敬を集めているんですね。


そんな赤山禅院の拝殿の屋根の上には
なんと!金網の中に入った
鬼門を守っている猿が安置されています!


赤山禅院の鬼門除けの猿

赤山禅院の鬼門除けの猿


金網に入っている理由は

夜な夜な猿がお寺を抜け出しては

イタズラをするから!という事なんですよ♪


八坂庚申堂(金剛寺)(やさかこうしんどう(こんごうじ))


八坂庚申堂


場所:京都市東山区下河原町八坂鳥居前下4丁金園390-1


八坂庚申堂は、正式名称を金剛寺という

日本で最初の庚申信仰の霊場といわれています。


つまり!

庚申信仰発祥の地というワケなんですね~♪


そんな八坂庚申堂は

平安時代、比叡山の山伏・呪術僧として知られている

浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)が

庶民の人でも気軽にお参りできるようにと

庚申堂を建てたのが始まりといわれています。


ちなみに浄蔵貴所は、祇園祭(ぎおんまつり)の

山伏山(やまぶしやま)の御神体でもあります。


見ざる・言わざる・聞かざる

見ざる・言わざる・聞かざる


そんな八坂庚申堂の表門の屋根には
庚申の使いが猿と言われている事からか
『見ざる・言わざる・聞かざる』の
お猿さんがいるんですね♪


■番外編 猿ヶ辻(京都御所)(さるがつじ(きょうとごしょ))


猿ヶ辻(京都御所)の北東の角


場所:京都市上京区京都御苑3


京都御所の鬼門にあたる

北東の角を猿ヶ辻(さるがつじ)と言うんですけれど

こちらには屋根の軒下のひさしの部分に

金網が張られ、その中に猿の像が安置されています。


猿ヶ辻(京都御所)の鬼門の猿

猿ヶ辻(京都御所)の鬼門の猿


この猿の像は、もともと

滋賀県の日吉大社にあったものだそうで

それを御所の鬼門の位置に安置したんですね♪


つまり鬼門除けの為に安置されている
お猿さんだという事なんですね。


金網が張られている理由は

この猿が夜な夜な屋根から飛び出して

辺りで悪戯をしたからなんですよ!


という事で今回は

干支にちなんだ神社をご紹介しました。

詳しい場所はコチラ↓


1 ■復帰されて安心しました

毎日楽しみに読ませていただいていたのですが、ながらく途絶えて心配していました。無事復帰されてひと安心。末永くお続けくださるようお願いします。

zaucatsさん 2016-01-03 05:29:27

2 ■安心しました♪

ずっと更新されていなかったので、心配していました。でも、さすがは京子さん。申年らしい始まり方にホッとしました。これからもここでしっかり勉強して、今年の一級合格に向けて頑張りたいと思います。宜しくお願いたします。

あっくんさん 2016-01-03 11:56:29

3 ■明けましておめでとう御座います

初詣行ってきました元旦に。
松尾大社から、月読神社ここでお守り買って、梅宮大社ここで梅干し買ってwと梯子して。
で、疲れて休憩してる時にスマホみてたらここ発見。
凄いですね。いやもう行った数が。
参考にしてまだ行ったことない神社廻りたいと思います。

おいちゃんさん 2016-01-03 12:04:42

4 ■無題

更新がなかったので、心配しておりました!
今年も楽しみに拝見させて頂きます♪

向日葵さん 2016-01-04 04:38:42

5 ■あけましておめでとうございます

ホッとしました^^
更新されていないので毎日がっかりしましたが・・・。
ご無理なさらない程度に更新してくださいね。
いつも楽しみにしていますよ^^
ありがとうございます。

レベランスさん 2016-01-05 04:55:56

6 ■安心しました

お忙しくて更新出来ないとの事で安心しました♪
でも無理をなさらずにお願いしますm(__)m

しん☆さん 2016-01-05 12:33:03