メモ2014-06-27
テーマ:その他

歯痛平癒にご利益のある神社仏閣巡り

今回ご紹介するのは・・・

歯痛平癒にご利益のある神社仏閣巡りです!


日ごろからよく虫歯になる方や

歯科関係者の方は必見ですよ~


お近くに行った際には

足を運んでみてはいかがでしょうか


では早速ご紹介していきます♪


ぬりこべ地蔵

ぬりこべ地蔵

場所:京都市伏見区深草大門町

ぬりこべ地蔵はかつて

摂取院(せっしゅいん)に安置されていたようで

当時、土で塗り込められたお堂内にあった事から

ぬりこべ地蔵と呼ばれています


そして『塗り込め』という言葉が

『病気を封じ込める』という意味に転じ

病気平癒(中でも歯痛封じ)のご利益があると

言われるようになったんですね。


ちなみに毎年6月4日には歯供養が行われ

歯供養

供養の後には、『歯ブラシ』が頂けるんですよ♪

※歯供養について詳しくは、歯供養 2012(ぬりこべ地蔵) の記事をご覧ください。


歯形地蔵(はがたじぞう)

歯形地蔵

場所:京都市北区紫野十二坊町


昔、このお地蔵さんの近くに住んでいた

若い夫婦の逸話から

歯形地蔵と呼ばれるようになったと言われています。


夫は近所で評判の働き者で

妻は、そんな評判の良い夫なので

他の女性にとられるかもしれないと

毎日浮気の心配をしていたそうです。


そんなある日、夕方から雨が降ったので

妻が夫を心配して傘を持って迎えにいくと・・・


なんと前から夫が

美しい女性と相合傘で歩いてくるじゃありませんか


妻は逆上し、夫に噛み付こうとするんですけれど

夫を噛んだつもりが

お地蔵さんに噛み付いてしまったんですね


しかも噛み付いた歯が


真ん中が歯形地蔵

今でもお地蔵さんの方には薄っすらと歯型がついてるそうです。


お地蔵さんの肩に食い込んで離れなくなったそうなんです。


その後、妻は通りかかったお坊さんの助けによって

無事、離れる事はできたんですけれど、死んでしまうんですね。


それからというもの

このお地蔵さんは歯形地蔵と呼ばれ

歯痛平癒の信仰が生まれたそうです。


白山神社(はくさんじんじゃ)

白山神社

場所:京都市中京区上白山町243


白山という名前は

石川県と岐阜県にまたがる

白山の神を祀っている事に由来しています。


そんな白山神社には歯痛のご利益があるんですよ


女性天皇である後桜町天皇(ごさくらまちてんのう・第117代天皇)が

歯痛に困っていた、そんなある日

女官のひとりが白山神社から

神箸(しんばし)と塩を持ち帰り

後桜町天皇に献上しました。

※塩で歯茎を揉むと、歯痛が和らぐ効果があるそうです。


そしてその塩で歯を揉むと見事に痛みが取れたそうなんですね。

この事から『歯痛を治すご利益がある』と言われ

参拝する人が増えたと言われているんですよ


夜叉神堂(やしゃがみどう)(東寺)

夜叉神堂

場所:京都市南区九条町1番地


東寺の境内にある夜叉神堂には

歯痛の神様(夜叉神)がお祀りされています。


東寺(教王護国寺)

東寺(教王護国寺)

その昔、修業をしていたお坊さんらが

歯痛の為に修行に集中出来ず困っていたところ

夜叉神堂で夜叉神にお願いをしたら

歯痛が治った!・・・という言い伝えから

歯痛の神様と呼ばれるようになったそうですよ


東寺には食べるお守りとして

『歯守護』が売られています!


というわけで今回は

歯痛平癒にご利益のある神社仏閣巡りを

ご紹介しました


詳しい場所はコチラ↓


より大きな地図で 歯痛平癒無題 を表示