メモ2014-11-06
テーマ:その他

頭病平癒にご利益のある神社仏閣巡り

今回ご紹介するのは・・・

頭病平癒にご利益のある神社仏閣巡りです!


偏頭痛がひどい方や

脳外科関係者の方は必見ですよ~


お近くに行かれた際には

是非とも足を運んでみてくださいね


では早速いってみましょう。


今熊野観音寺(いまくまのかんのんじ)

今熊野観音寺

場所:京都市東山区泉涌寺山内町32


今熊野観音寺は真言宗のお寺で

平安時代の初め

弘法大師(こうぼうたいし)空海(くうかい)によって

建立されたと伝わっています。

※空海について詳しくは、東寺(教王護国寺) その1の記事をご覧ください。


今熊野観音寺

頭痛平癒のご利益があるとされるのは

ある伝承によるものなんですよ


それは・・・


平安時代末期

後白河法皇(ごしらかわほうおう・ 第77代天皇)が

持病の頭痛平癒のため

今熊野観音寺の本尊である

十一面観世音菩薩像に

頭痛平癒の祈願をしたんだそうです。


するとある晩

後白河法皇の枕元に

観音様が現れて

後白河法皇の頭に光明を指したそうなんですね~


不思議な事に

その後、後白河法皇の頭痛は

たちまち治ったと伝わっているんですよ


後白河法皇頭痛封じ霊験記


本堂には、その時の様子が描かれた

『後白河法皇頭痛封じ霊験記』が

描かれた額が飾られています。


そんな今熊野観音寺境内では

頭痛封じのお守りや

枕宝布という枕カバーが売られています


三十三間堂(さんじゅうさんげんどう・蓮華王院(れんげおういん))

三十三間堂

場所:京都市東山区三十三間堂廻り657


三十三間堂の正式名称は

蓮華王院というんですけれど

実は、別名・頭痛山平癒寺(ずつうざんへいゆじ)とも呼ばれ

後白河法皇にちなんで

頭痛平癒のご利益があると

言われています。


三十三間堂で毎年

成人の日に行われる『通し矢(とおしや)』の日には

本堂のお加持所にて

『楊枝のお加持(やなぎのおかじ)』が行われているんですよ

※通し矢について詳しくは、通し矢 2014(三十三間堂)の記事をご覧下さい。


楊枝のお加持

通し矢が行われる前、本堂脇に設けられた祭壇で、関係者らに楊枝のお加持が行われている様子。


これは平安時代から続く法要で

聖樹と呼ばれる楊枝(やなぎ)の枝を使い

参詣者に本尊前で7日間祈祷を行った水である

浄水を浴びせます。


浴びせると言っても

数滴を頭に振りかけてもらえるだけなので

ずぶ濡れになる心配はありませんよ


こうする事によって

諸病を取り除くとされているんですけれど

特に頭痛に効くというご利益があるそうです。


また境内では

『頭痛除御守』や『頭痛封じ守』といったお守りが

売られています


■三寳寺(さんぽうじ・三宝寺)

三寳寺

場所:京都市右京区鳴滝松本町32


1628年(寛永5年)に

後水尾天皇(ごみずのおてんのう・第108代天皇)が帰依していた

日護(にちご)というお坊さんを開山として

建てられた日蓮宗のお寺です。


三寳寺では、毎年『土用の丑の日』に

ほうろく灸祈祷会(ほうろくきゅうきとうえ)が行われ

頭痛にご利益があると言われているんですね。


焙烙

ほうろく灸祈祷会は

鎌倉時代にはすでに行われていたそうで

ほうろく灸祈祷会火の付いた『もぐさ』を

乗せた焙烙(ほうろく・土で出来た平らな鍋)を

頭の上に乗せて祈祷する日蓮宗の法要の事なんですよ


これはある出来事に由来しているそうで

その出来事とは・・・


その昔、戦に参加していた、ある武将が

鎧兜姿のまま落馬してしまい

これを見かけたお坊さんが

武将の兜の上から、蓬(よもぎ)を据えて

火をつけ祈祷したところ

武将の持病であった頭痛が治ったと

伝わっているんですね~。


この事から日蓮宗では

焙烙灸が行われるようになったと

言われています

※ほうろく灸祈祷会について詳しくは、ほうろく灸祈祷会 2012(三寳寺)の記事をご覧下さい。


というわけで今回は

頭痛平癒にご利益のある神社仏閣巡りを

ご紹介しました。


詳しい場所はコチラ↓