メモ2012-12-28
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その128

こんにちは京子です。

本日は京都検定の過去問をお届けします。


写真と解説付きですので

チャレンジしてみて下さいね。

では早速いってみましょう


第1問目です。

【問題】

豊臣秀吉の供養のために正室の北政所(きたのまんどころ)が創建し、境内に国 の重要文化財に指定されている傘亭(かさてい)、時雨亭(しぐれてい)の茶室 をもつ寺院はどこか。

ア.高台寺(こうだいじ)

イ.両足院(りょうそくいん)

ウ.西芳寺(さいほうじ)

エ.芬陀院(ふんだいん)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

高台寺

ア.高台寺

高台寺は秀吉の妻・ねね(北政所)が

1606年に創建したお寺です。


傘亭

そんな高台寺にある傘亭は

室内から天井を見上げると

傘を広げた様に骨組みがされている所から

その名前が付いたと言われています。


時雨亭

時雨亭は2階部分が茶室になっていて

傘亭とは土間廊下で繋がっています。

名前の由来は傘亭の対になる茶室という事で

時雨亭と名付けられたそうですよ

※高台寺について詳しくは、高台寺 その1高台寺 その2の記事をご覧ください。


続きまして第2問目です。

【問題】

秋の紅葉が美しく、本尊の「みかえり阿弥陀」(重文)で知られる寺院はどこか。

ア.永観堂

イ.安楽寺

ウ.真如堂

エ.法然院

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

永観堂(禅林寺)

ア.永観堂


正式名称を『聖衆来迎山 無量寿院 禅林寺(しょうじゅらいごうさん むりょう じゅいん ぜんりんじ)』と言い

855年に真紹(しんじょう・空海の弟子)が

藤原関雄(ふじわらのせきお・平安時代の文人)の山荘を買い取り

寺院としたのが始まりです。


永観堂という通称は

7代目住職である永観(ようかん)にちなんでいるんですよ


本尊の『みかえり阿弥陀』は

永観が50歳の頃

阿弥陀堂で行動(修行)を行っていると

突然、阿弥陀像が壇を下り永観を先導して

戸惑う永観に対し、振り返ったかと思うと

「・・・永観、遅し。」

と伝えたと言われています。


第3問目に行ってみましょう。

【問題】

待賢門院(たいけんもんいん)が再興した(   )にある庭園には、夏に多数 の蓮の花が咲き、平安時代の姿を残す「青女の滝(せいじょのたき)」の滝石組 がある。

ア.法金剛院(ほうこんごういん)

イ.勝持寺(しょうじじ)

ウ.長楽寺(ちょうらくじ)

エ.妙蓮寺(みょうれんじ)

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

法金剛院

ア.法金剛院


830年に建てられた清原夏野(きよはらのなつの・右大臣)の山荘を

没後寺に改めたのが起源と言われています。

蓮が多数咲く事から別名『蓮の寺』としても知られているんですよ

青女の滝

1133年に完成したと言われる青女の滝は

高さが約4メートルもあり

国内最古の人工の滝とも言われています


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さいね。

【問題】

本能寺

本能寺には「本能寺切」(国宝)と呼ばれる書巻が伝来する。その筆者と伝えら れる三蹟(さんせき)の一人は誰か。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

藤原行成(ふじわらのゆきなり)


藤原行成は平安時代の能書家で

摂関政治を支え天皇と藤原道長(ふじわらのみちなが)から信頼が厚かったと言われています。


彼の手記である『権記(ごんき)』は

政治や儀式などが詳しく書かれていて

当時を知る重要な資料なんだそうですよ


ちなみに、三蹟(書道に優れた人)の残り2人は

小野道風(おののどうふう)、藤原佐理(ふじわらのすけまさ)です。

※小野道風について詳しくは、お火焚祭 2012(道風神社)の記事をご覧ください。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?