メモ2013-03-13
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その150

こんにちは京子です。

今回も京都検定の中から

過去問をお届けしたいと思います。

早速、チャレンジしてみて下さいね。


では1問目です。

【問題】

北野大茶湯之址

天正15年(1587)、「北野大茶湯」で豊臣秀吉に賞賛されたのをきっかけに、北野名物となった菓子はどれか。

ア.どら焼(どらやき)

イ.法螺貝餅(ほらがいもち)

ウ.長五郎餅(ちょうごろうもち)

エ.鎌餅(かまもち)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.長五郎餅


長五郎餅

河内屋長五郎(かわちやちょうごろう)によって作られた

餡子を薄い餅の皮で包んだお餅です


1587年、北野大茶湯(豊臣秀吉が北野天満宮で行った大規模な茶会)で

秀吉に餅を献上すると、とても気に入られ

名前を『長五郎餅』と名乗るように言われたそうです


毎月25日には北野天満宮境内でお店を出されているので

気になった方は足を運んでみて下さい。


続きまして2問目です。

【問題】

日吉山王神社(ひえさんのうじんじゃ)の神の使いとして、京都御所の鬼門(北東)に祀られている木彫りの動物は何か。

ア.犬

イ.兎

ウ.猪

エ.猿

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

猿ヶ辻(京都御所)の猿

エ.猿


どうして猿が祀られているのかと言いますと

方角を十二支に当てはめた場合

北東(鬼門)の対角に位置するのが『申(猿)』だからなんです。

つまり真逆に位置するので鬼門(鬼や悪い物)に対抗出来ると考えられていました


日吉山王神社(日吉大社の事)にいる猿は

神猿(まさる・神様の使い)と言われ

『魔が去る』『勝る』に通じる事からその名前になったそうです。


その猿を御所の鬼門に置いた事が『猿ヶ辻』の始まりです。

猿ヶ辻について詳しくは、猿ヶ辻京都御所)の記事をご覧ください。


3問目に行ってみましょう。

【問題】

鳳凰堂

平等院の「阿弥陀如来像」(重文)の作者は誰か。

ア.運慶(うんけい)

イ.定朝(じょうちょう)

ウ.覚助(かくじょ)

エ.長勢(ちょうせい)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.定朝


阿弥陀如来像は

10円玉で有名な平等院鳳凰堂の中にあります。


定朝は平安時代後期に活躍した仏師で

寄木造(よせぎづくり・複数の木材を繋ぎ合わせて大きな仏像を作る技法)を完成させた人です


阿弥陀如来像の他にも

同じ鳳凰堂内にあり

極楽浄土の様子を表現していると言われる

雲中供養菩薩像(うんちゅうくようぼさつぞう)も彼の作品なんですよ


最後の問題は

1級からの出題になりますので選択肢ではありません

ズバリでお答え下さい!


【問題】

伏見稲荷神社の鳥居

伏見稲荷大社の起源は、和銅4年(711)、秦伊呂具(はたのいろぐ)が稲荷山の(   )に三柱の神を祀ったことに始まる。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

三ヶ峰(みつがみね)


伏見稲荷大社

全国に約3万社ある稲荷神社の総本宮で

商売の神様として有名な神社です


711年、秦伊呂具(秦氏の棟梁)が餅を的にして

矢を放ったところ

その餅が白い鳥に姿を変えて三ヶ峰に飛び去ります。


白い鳥が降り立った地には稲がたくさん実り

この事を神様の仕業と考えた秦伊呂具が

社を建てたのが伏見稲荷大社の始まりと言われています


その日が初午(はつうま・2月最初の午の日)だった事から

初午の日には『初午大祭』が行われているんですよ。

※詳しくは、初午大祭 2012(伏見稲荷大社)の記事をご覧ください。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?





イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

雑談掲示板 新着

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口