こんにちは京子です。

今回、ご紹介するのは10月28日に

六請神社(ろくしょうじんじゃ)で行われた・・・

神幸祭

神幸祭(しんこうさい)です


六請神社について、簡単にご紹介しますと

場所は京都市の北西に位置する

衣笠(きぬがさ)にあり

近くには、金閣寺

足利家歴代将軍の菩提寺である『等持院(とうじいん)』が

あります

金閣寺については金閣寺(鹿苑寺)を、等持院に関しては等持院の記事をご覧下さい。


六請神社

起源は、延暦年間(782~806)頃だそうで

衣笠山のふもと(金閣寺の南)に建立されました。

当時は『衣笠御霊(きぬがさごりょう)』や

衣笠岳御霊(きぬがさおかごりょう)』と呼ばれていたそうです


本殿

室町時代になると

足利義満が等持院の境内に勧請し

6つの神様(六請神)を祀り、鎮守社としたんですね。


これに加え、衣笠は埋葬地であった事から

六地蔵(死後、6つの世界『六道』にいるお地蔵さん)の信仰と

習合して

六の字が与えられたとも言われています。


拝殿

六請神社の拝殿になります。


その後、明治になり、神仏分離令により

等持院の東側に改めて建立されました。

では早速、六請神社の神幸祭をレポートしたいと思います!

祝詞奏上

12時より境内にて神事が行われます。


お祓いや祝詞の奏上が行われた後

神輿に御霊が移されます。


この後、和太鼓奉納が行われ

13時頃、神輿が境内を出発します。


境内を出て

一度、神輿を担ぎ激しく揺らした後

氏子町を回るんですね♪



念佛寺

そして、14時半頃

六請神社から南西に200メートルほどの場所にある

『念佛寺』の前で差し上げが行われます。


この後、雨が降っていなければ

念仏寺前の駐車場にて和太鼓の奉納があるそうですよ


差し上げの数も今回は減っているようで

30分ほど、時間が繰り上げて行われました。


ちなみに、神幸祭の前日『宵宮』では

18時半より、餅をついて振舞ったり

近くにある立命館大学の学生さんが

よさこいを踊ったりと

賑やかなに行われたそうですよ


さて、お話を戻しまして

念仏寺前で休憩を挟み、再び渡御を行った神輿は

16時に等持院前へと移動します。

ここでも、同様に神輿の差し上げを行い

神輿を揺らします。


そして、出発から3時間半

いよいよ神輿が六請神社へと帰って来ます


神輿

境内に入ると

2度、差し上げを行い

神輿を揺らします。

こうして、無事に神輿の渡御が終わると

担ぎ手さん達による手拍子が鳴り響く中

御霊が本殿へと還り無事に終了しました


そんな神幸祭が行われた

六請神社、念佛寺、等持院の場所はコチラ↓


より大きな地図で 神幸祭(六請神社) を表示
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

雑談掲示板 新着

    最新コメント

    公式ツイッター

    マスコットキャラ:京子ちゃん
     マスコットキャラ:京子ちゃん
    更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

    お問い合わせ窓口