メモ2016-01-12
テーマ:その他
関連:京のお菓子 その1 / 京のお菓子 その2 / 京のお菓子 その3 / 京のお菓子 その4 / 京のお菓子 その5 / 京のお菓子 その6 / 京のお菓子 その7 / 京のお菓子 その9 / 

京のお菓子 その8

京都発祥のもので宮中や神社仏閣ゆかりの

歴史あるお菓子をご紹介したいと思います


もちろん現在でも

食べられるものばかりですよ~


では早速いってみましょう


・夷川五色豆(えびすがわごしきまめ)


夷川五色豆(えびすがわごしきまめ)


カラフルな色がとってもかわいい

こちらの夷川五色豆は

約130年以上続く老舗和菓子屋の

豆政(まめまさ)のお菓子です


豆政(まめまさ)

豆政


初代の角田政吉が考案した
『五色砂糖掛豆』をベースに
宮中の5つの節会
『宮中五節会(きゅうちゅうごせちえ)』で
使われていた五彩色をイメージして
現在の形になったといわれているんですよ♪


そんな夷川五色豆は、大正天皇

(たいしょうてんのう:第123代天皇)の

献上菓子となった事でも知られています

※夷川五色豆について詳しくは、豆政(夷川五色豆)の記事をご覧下さい。


・御所車(ごしょぐるま)


御所車(ごしょぐるま)


御所車という一風変わった名前は
牛車(ぎっしゃ)の車輪を図案化した
御所車を模した押紋菓子
という事からなんですね


北野天満宮(きたのてんまんぐう)の

御用達菓子として知られる

老松(おいまつ)の代表銘菓で

白雪糕(はくせつこう)という

セイロで蒸した砂糖や水飴を混ぜたものに

丹波大納言のつぶ餡を包んだ生菓子なんですね♪


老松(おいまつ)

老松


ちなみに老松という名前は

北野天満宮の境内末社で

菅原道真(すがわらのみちざね)の師である

島田忠臣(しまだのただおみ)をお祀りする

老松社にちなんで名付けられたといわれています

※御所車について詳しくは、老松(御所車)の記事をご覧下さい。


・祇園豆平糖(ぎおんまめへいとう)


棒状の飴「祇園豆平糖」


こちらの棒状になった琥珀色(こはくいろ)の飴は

祇園豆平糖といって

約200年続く祇園の老舗和菓子店

するがや祇園下里の名物菓子です


場所が祇園の花街という事もあって

舞妓さんや芸妓さん

そして南座に出演する役者さんに

ご好評の飴なんだそうですよ


するがや祇園下里(するがやぎおんしもさと)

するがや祇園下里(するがやぎおんしもさと)


ちなみにするがや祇園下里の建物も
もともとはお茶屋さんとして
利用されていたもので
約100年前の1895年(明治28年)に建てられ
1993年(平成5年)には
京都市の有形文化財に
登録されたんですね~


2階には、間口いっぱいに開かれた窓に

張り出された手すり

そして軒下から暖簾を吊るすという

当時の面影をそのまま残しています!


訪れた際には、当時の風情残る建物にも

注目してみてください♪

※祇園豆平糖について詳しくは、するがや祇園下里(祇園豆平糖)の記事をご覧下さい。


・京観世(きょうかんぜ)


京観世(きょうかんぜ)


本日最期にご紹介するのは

江戸時代1803年(享和3年)に創業された

『鶴屋』に始まる鶴屋吉信の代表銘菓

京観世です


鶴屋吉信(つるやよしのぶ)

鶴屋吉信(つるやよしのぶ)


その名前は、本店の近くにある

能楽で知られる観世家(かんぜけ)の屋敷内に

鎮守社として、お祀りされていた

観世稲荷社(かんぜいなりしゃ)の

『観世水(かんぜすい)』から

取られたといわれているんですね


観世井には不思議な伝承がありまして・・・


ある時、空全体が突然暗くなったかと思うと
突然に龍が現れ、なんと!その龍は
そのまま井戸の中に入ったというんですね


それ以降、どういうワケか

井戸の水面が常にゆれ動いて

波紋を描くようになったといわれています


実は、その不思議な井戸の

波紋を模した和菓子が

鶴屋吉信の京観世なんですね


外側に村雨(むらさめ)のそぼろ餡

内側に大納言(だいなごん)のつぶ餡

の2種類の餡で渦巻状に作られた

羊羹(ようかん)なんですよ

※京観世について詳しくは、鶴屋吉信(京観世)の記事をご覧下さい。


という事で今回は

京のお菓子を、4つご紹介させて頂きました

場所はコチラ↓



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口