メモ2015-10-15
テーマ:その他
関連:京のお菓子 その1 / 京のお菓子 その2 / 京のお菓子 その3 / 京のお菓子 その4 / 京のお菓子 その5 / 京のお菓子 その7 / 京のお菓子 その8 / 京のお菓子 その9 / 

京のお菓子 その6

今回ご紹介するのは・・・

京のお菓子です!


京都発祥のもので宮中や神社仏閣ゆかりの

歴史あるお菓子をご紹介したいと思いますっ


もちろん現在でも

食べられるものばかりですよ~

では早速いってみましょう


・おせき餅


おせきもち本店のおせき餅


おせき餅は、城南宮(じょうなんぐう)の

門前菓子として知られ

あの新選組(しんせんぐみ)の局長

『近藤勇(こんどういさみ)』

食べたといわれるお餅なんですね~


城南宮

城南宮


もともとは鳥羽街道(とばかいどう)の
通り沿いにあった茶屋で
『せき女』という女性が
編み笠の裏にお餅を並べ
道行く旅人に売っていたものと
いわれています


お餅は、白と緑の2種類あって

丹波大納言のつぶ餡が

乗っているんですよ~


そんなおせき餅を売っている
おせきもち本店は
創業してから約450年も続いているそうで
老舗の多い京都の中でも
指折りの老舗和菓子屋なんですね♪


・御鎌餅(おんかまもち)


御鎌餅(おんかまもち)


こちらの御鎌餅は、江戸時代

京の出入り口の『七口(ななくち)』の1つ

鞍馬口(くらまぐち)にあった茶店で

大変人気のあったお餅を

復活させたものなんですね~


実は、鞍馬口の茶店は明治に入って
潰れてしまったようで
「このまま、お餅が無くなるのは勿体無い!」
と思った当時宮大工の初代が
御鎌餅として復活させて
大黒屋鎌餅本舗
(だいこくやかまもちほんぽ)を
創業したそうです


お店の近くには、織田信長(おだのぶなが)や

森蘭丸(もりらんまる)のお墓のある

阿弥陀寺(あみだじ)があります!


阿弥陀寺の入り口

阿弥陀寺


それにしても大工さんが

人気のお餅を再現するなんて

どれほどの苦労があったのか

わかりますよね~


ちなみに御鎌餅の長いフォルムは
稲を刈り取る鎌をイメージし
米の豊作や道を行き交う旅人の厄難を
祓うという願いが込められている
ありがた~いものなんです


・桜餅(櫻もち)


琴きき茶屋の桜餅

嵐山(あらしやま)に観光に来られた方なら

1度は、この桜餅を食べた事が

あるのではないでしょうか


というくらい嵐山の名物になっているのが

渡月橋(とげつきょう)のたもとにある

琴きき茶屋(ことききちゃや)の

桜餅(さくらもち)なんですね


渡月橋

渡月橋


もともとは、江戸時代後期に
芸能神社として知られる
車折神社(くるまざきじんじゃ)の
境内の茶店で始まったお店なんですよ~!


その後、1910年(明治43年)9月に

現在の車折神社嵐山頓宮の東隣に

本社を移転したそうで

そこから数えても創業100年以上


無添加・無着色の桜餅は

多くの観光客の方に親しまれています


・稚児餅(ちごもち)

稚児餅


祇園祭(ぎおんまつり)の7月13日から31日までの間

二軒茶屋(にけんちゃや)で頂けるのが

こちらの稚児餅です


稚児餅は、二軒茶屋 中村楼
(にけんちゃやなかむらろう)が
祇園祭の際、八坂神社(やさかじんじゃ)に
代々献じてきたお餅なんですね~♪


祇園祭の7月13日

山鉾の1つ長刀鉾(なぎなたほこ)の稚児や

神役の奉仕をする久世稚児(くぜちご)が

八坂神社に社参をした際に

中村楼で休憩をするんですけれど

その時に振舞われるのが稚児餅です


長刀鉾稚児の社参

長刀鉾稚児の社参


その稚児餅と同じものが

期間限定で頂けるという事もあって

大変人気なんですよ~


稚児餅を食べると
夏やせをしなくなることや
疫病を除ける事が出来ると
いわれています


という事で今回は

京のお菓子を、4つご紹介させて頂きました

場所はコチラ↓