メモ2015-10-27
テーマ:カフェ・スイーツ

豆政(夷川五色豆)

今回ご紹介するのは

京都市中京区の夷川柳馬場(えびすがわやなぎのばんば)

御所南(ごしょみなみ)と呼ばれる

場所にある豆政(まめまさ)の


夷川五色豆(えびすがわごしきまめ)


夷川五色豆(えびすがわごしきまめ)です!


豆政は、約130年以上続く

京都の老舗和菓子屋で

1884年(明治17年)に初代の角田政吉が

紀州和歌山から京都のこの地に

えんどう豆の雑穀商として創業した

豆屋に始まるんですね


豆政(まめまさ)

豆政(まめまさ)


ちなみに京都は当時

丹波(たんば)の黒豆や山城の空豆

そして六波羅(ろくはら)のえんどう豆といった

豆所としても知られた場所でした


1887年(明治20年)には
角田政吉が5色の『五色砂糖掛豆』を考案し
売り出したとされ、これが現在の
『夷川五色豆』なんですね


夷川五色豆(えびすがわごしきまめ)

夷川五色豆(えびすがわごしきまめ)


当時は、白色のお豆しか

無かったそうなんですけれど

そこに青・赤・黄・茶の4色を加え

色とりどりのお豆にしたんですよ~


これは平安時代、宮中の5つの節会である
『宮中五節会(きゅうちゅうごせちえ)』で
使われていた五彩色を表現したと
いわれています

※宮中五節会とは、元日、白馬 (あおうま) 、踏歌 (とうか) 、端午(たんご)、豊明 (とよのあかり)の節会の事。


豆政のお店に飾られた五色豆を模した提灯

豆政のお店に飾られた五色豆を模した提灯


五彩色とは、青が木、赤が火、黄が土

白が金、黒が水を表し、これら全てで

大地を象徴したものなんだそうですよ


ちなみに豆政では
黒の変わりに薄茶となっています。


そんな夷川五色豆は

京都の湧き水に約2日間浸し

柔らかくなった最高級のえんどう豆を

弱火でじっくりと煎り上げて

数回に分けて砂糖掛けをする

出来上がるまでに10日を要する

手間隙かけたお豆なんですね


豆政の暖簾(のれん)

豆政の暖簾(のれん)


夷川五色豆はその後
2代目角田政次郎が
1908年(明治41年)に
京都駅で販売をした事や大正天皇
(たいしょうてんのう:第123代天皇)の
献上菓子となった事
また、4代目角田潤治の時の
大阪万博でさらに知られる事となり
今では京都の名物菓子となっています。


夷川五色豆

夷川五色豆


実際に夷川五色豆を食べてると・・・


カリカリした食感に
香ばしい風味が広がり
素朴な味なんですけれど
とっても甘くておいしい!
食べ始めると止まらなくなります!


夷川五色豆は、御所南にある本店以外に

京都大丸や京都高島屋

JR京都伊勢丹、京都駅キューブ・ポルタ

金閣寺(きんかくじ)や清水寺(きよみずでら)

嵐山店、嵐山昇龍苑店

また、ホームページからも購入できるので

気になった方は是非

ご購入してみてはいかがでしょうか


という事で今回は豆政の

夷川五色豆をご紹介しました


豆政の場所はコチラ↓


1 ■はじめまして

エクシブ京都にも豆まさありました。こんな有名なお店とは知りませんでした。
京都検定2級をいつか受験したいです。こちらのブログは色々参考にさせていただいてます。  

匿名さん 2015-10-29 11:51:29