こんにちは京子です

さて、本日ご紹介するお寺は・・・

禅居庵の山門

禅居庵(ぜんきょあん)です。

こちらは建仁寺の塔頭寺院になります。


建仁寺の住職でもあった

清拙正澄(せいせつしょうちょう)が晩年を過ごしたお寺で

彼は・・・中国からやってきたお坊さんなんですね。


鎌倉幕府最後の執権である

北条 高時(ほうじょう たかとき)は彼の名声を聞き

日本に向かい入れます


いくつかのお寺を渡り歩いた清拙正澄は

建仁寺や南禅寺などの住職をし

晩年、禅居庵で過ごす事となりました。

禅居庵の摩利支尊天

そんな彼が強く信仰していたのが摩利支天(まりしてん)。


軍神の女神と言われている摩利支天

前田利家や楠木正成は兜の中に摩利支天の小像を入れて戦をしたとも言われています。


では、どうして摩利支天が軍神の女神と言われていたのでしょう

禅居庵の提灯

摩利支天という名前は

サンスクリット語のMarici(マリーチ)から来ていると言われています。


Mariciは陽炎を意味する単語で

陽炎は実体が無いので、捕らえられたり、攻撃を受けないという

理由から武士にはぴったりの女神だったというワケなんです。


禅居庵の摩利支尊天堂

こちらが、その摩利支天を本尊としている摩利支尊天堂です。

小笠原 貞宗(おがさわら さだむね)という鎌倉時代後期の武将によって創建されたんですけど

焼失してしまい、現在のお堂は、織田信長の

父親である織田信秀から寄進されたものだそうですよ~。

※摩利支尊天堂は近所の方からは、「まるしてんさん」とも呼ばれています。


禅居庵のお堂

近くには、恵美須神社建仁寺六道珍皇寺六波羅蜜寺などがありますよ。

それにしても、境内にはいたるところに・・・

禅居庵の猪

猪っ!

禅居庵の猪

猪っ

禅居庵の猪

またまた猪~っ

これは、摩利支天の使いが猪であるからなんですね。

境内には全部で6体ほどの猪の石造があります。

摩利支尊天堂の本尊として祀られている

摩利支天像は

7頭の猪の上に座り、頭に冠、体に甲冑を付けています。

そして、顔は3つに腕は6本というとっても強そうな女神ですよ。

禅居庵の猪おみくじ

このカワイイ猪は陶器で出来ていて、中にはおみくじが入っています。

特に、猪歳生まれの方が多く参拝されているそうです。

禅居庵の絵馬

絵馬にももちろん猪が描かれていますよ。

干支でいうと2019年が、いのしし年っ

(・∀・)ノ2019年の初詣は境内で人が溢れ返ると思いますよ~★

そんな禅居庵の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口