メモ2015-09-05
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その112

本日は京都検定対策問題をお届けします。

実力試しに挑戦してみてくださいね~♪

では、早速1問目です。


【問題】

法輪寺

法輪寺(ほうりんじ)の十三参りでは、知恵を授かった後、渡り終えるまで後ろを振り向いてはならないとされる橋がある。それはどこか。


ア.観月橋(かんげつきょう)

イ.勧進橋(かんじんばし)

ウ.渡月橋(とげつきょう)

エ.御園橋(みそのばし)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

渡月橋

ウ.渡月橋


『十三まいり』は、13歳になる子供が

3月中旬から5月中旬にかけて

法輪寺に安置される

無限の智恵や慈悲を持つとされる

ご本尊『虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)』

知恵を授かりに行くというもので

京都の慣わしの1つなんですね


法輪寺を訪れ知恵を授かった後は
長い渡月橋を1度も
振り返ることなく渡るという
不思議な慣わしがあるんですよ


なんでも1度でも振り返ってしまうと

折角のご利益がなくなっちゃうそうです


続いて2問目です。


【問題】

創建当初、『桜の宮』と呼ばれた嵐電沿線にある神社はどこか。


ア.梅宮大社(うめみやたいしゃ)

イ.車折神社(くるまざきじんじゃ)

ウ.西院春日神社(さいいんかすがじんじゃ)

エ.平野神社(ひらのじんじゃ)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

車折神社

イ.車折神社


車折神社は平安時代末期の儒学者である

清原頼業(きよはらのよりなり)が

亡くなった後、頼業の霊を祀った廟所を

設けたのが始まりなんだそうです


創建当初は、『桜の宮』と
呼ばれていたそうですけれど
ある時、後嵯峨天皇
(ごさがてんのう:第88代天皇)が
嵐山の大堰川(桂川)に遊びに来た際
お社の前で牛車の轅(ながえ)が
折れた事から『車折大明神』という
称号が送られ、『車折神社』と
名乗るようになったんですね


3問目にいってみましょう。


【問題】

次の神社と名水の組み合わせのうち、正しいものを1つ選べ。


ア.市比賣神社天之真名井

イ.出雲大神宮飛鳥井

ウ.白峯神宮閼伽水

エ.長建寺真名井の水


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

天之真名井(あめのまない)

ア.市比賣神社天之真名井


市比賣神社(いちひめじんじゃ)にある名水

天之真名井(あめのまない)は

古くから京都七名水の1つに数えられ

市比賣神社が旧地にあった際には

清和天皇(せいわてんのう:第56代天皇)から

後鳥羽天皇(ごとばてんのう:第82代天皇)

までの27代の間、皇室の産湯として

使われていたそうです


市比賣神社(いちひめじんじゃ)の絵馬

市比賣神社の絵馬


また、絵馬を掛けて
口に水を含んで祈願すると
1つの願いが叶うという事から
『一願成就の井戸
(いちがんじょうじゅのいど)』
とも呼ばれているんですよ


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

石峰寺

石峰寺(せきほうじ)では毎年9月10日に、ある京都出身の絵師を偲んで法要が行われている。ある絵師とは誰か。


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

若冲忌

伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)


石峰寺では、伊藤若冲の命日にあたる

9月10日に若冲を偲んで法要が行われています


伊藤若冲は、江戸時代の天才絵師で
鮮やかで華やかな色使いが特徴的な事から
色彩の魔術師と言われたりします

※伊藤若冲について詳しくは、伊藤若冲ゆかりの地巡りの記事をご覧下さい。


そんな若冲は晩年

石峰寺の門前に住居を構えて

妹と2人で過ごしたそうで

その後、85年の人生に幕を下ろし

石峰寺に葬られました


こうしたゆかりで石峰寺では2000年から

若冲忌を行っているそうですよ!

※詳しくは、若冲忌 2012(石峰寺)の記事をご覧下さい。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?