メモ2012-01-27
テーマ:お寺
関連:若冲忌 2012(石峰寺) / 

石峰寺

こんにちは、京子です

本日ご紹介するお寺は・・・

石峰寺の総門

石峰寺(せきほうじ)です


こちらは黄檗宗(おうおばくしゅう)の寺院になります。

朱色の竜宮造りの門が印象的ですね


ちなみに黄檗宗とは

明からやってきたお坊さん隠元(いんげん)を祖とした宗派なんです。


石峰寺のこま札

石峰寺は、1713年に萬福寺(黄檗宗の本山)の住職だった

千呆性案(せんがいしょうあん)により

禅道場が建てられた事に始まります。


石峰寺参道

門をくぐると龍の鱗を模した参道が見えます。

左右には季節を彩る様々な花が咲いているんですけれど

石峰寺の南天

その中でも、石峰寺は『南天』が非常に有名なんです。

雪が積もれば、赤と白のコントラストなんかも

綺麗なんでしょうね~♪


南天は『難を転じる』の語呂合わせでもあり

おめでたい植物とされているんですよ


この他にも石峰寺には

京都の天才絵師『伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)』が手がけた

石仏五百羅漢(せきぶつごひゃくらかん)があります。


若冲は江戸中期の画家で

京都の台所である錦市場の

青物問屋(野菜の卸業者)の

跡継ぎ息子として生まれました


代表作『動植綵絵(どうしょくさいえ)』をはじめ

彼のモチーフには鶏や植物が数多く登場する事でも知られています。

※若冲の絵のスゴさに関しては両足院 その3の記事でじっくり解説しています。


石峰寺にある五百羅漢の石碑

石仏五百羅漢に関する歌の石碑もありました。これを書いた鈴鹿野風呂(すずかのぶろ)は大正から昭和初期にかけて活躍した京都出身の俳人だそうです


石峰寺の庫裏

庫裏(くり)です。お坊さんの食事などを用意する所ですね。その昔は数々のお堂があったそうですけれど、大正・昭和の火災により現在は庫裏と本堂を残すのみとなっています。


石峰寺の本堂

本堂です。独特のテイストの模様が施されていますね。現在の本堂は昭和60年に再建されました。


そんな彼が、石峰寺に庵を結び

そこで下絵を描き、当時の住職である密山(みつざん)と協力して制作したのが

『石仏五百羅漢(せきぶつごひゃくらかん)』と呼ばれる石像郡なんですね


10年弱もの歳月をかけて取り組まれた

この作品は

釈迦の誕生から涅槃(ねはん・釈迦の死の様子)に至るまでを

コンセプトとして作られた大作です


釈迦を中心に、取り囲むように鳥獣や

十大弟子(優れた釈迦の弟子)などの様々な石像

約500体が石峰寺の裏山に点在し並べられています。


これらの石像は、若冲が手がけた事から

別名『若冲五百羅漢』とも呼ばれているんですよ

※残念ながら羅漢像は撮影禁止でした。是非、直接ご覧になってくださいね。


石峰寺にある伊藤若冲のお墓1

本堂右手を進むと、若冲のお墓へ行く事が出来ます。

石峰寺にある伊藤若冲のお墓2

若冲のお墓です。右手の円柱の石は、江戸後期の書家・画家である貫名海屋(ぬきなかいおく)撰文の筆塚です。


ちなみに、羅漢とは

尊敬や施しを受けるに相応しい聖者の事を指し

釈迦の説法を聞き、釈迦の入滅後

その教えを広めた者の事を言うんですね。


そういえば、彼の作品には

釈迦の涅槃を野菜に見立て描かれた

「果蔬涅槃図(かそねはんず)」なんていうのもあるんですよね~♪

若冲は独特の視点を持ち創作性に優れた絵師だったんですね


石峰寺にある羅漢参道の赤門

羅漢参道赤門です。この先に、石仏五百羅漢が並べられています。


若冲は晩年

石峰寺の門前に住居を構え、妹と二人で過ごしました。

生涯独身を通したんですね。


そして、85年の人生に幕を下ろし石峰寺に葬られました

以上の事から毎月9月10日には若冲忌も行われているんですよ。


そんな『石仏五百羅漢』がある石峰寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 深草駅(ふかくさえき)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口