メモ2015-07-29
テーマ:京の名水
関連:鎮花祭 2013(出雲大神宮) / 御田祭 2013(出雲大神宮) / 出雲大神宮 / 

真名井の水

今回ご紹介するのは

京都府亀岡市にある

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)の名水


真名井の水(まないのみず)


真名井の水(まないのみず)です!


真名井の水は

出雲大神宮の本殿背後にある

神様が宿るとされる神体山と崇められてきた

御影山(みかげやま:御陰山、千年山とも)から

湧き出している名水です


出雲大神宮

出雲大神宮


古くから絶えず流れ続けてきた

真名井の水は、この地域の田畑を潤し

秋に実りをもたらしてきた事から

御神水と奉られてきたんですね


こま札


また、あらゆる病気に効くとされ
痛み止めの効験や延命長寿に
ご利益のある名水ともいわれています


そんな御神水・真名井の水は

アルカリやカルシウム等

ミネラルバランスがとても良いらしく

とっても美味しいお水として

地元の方に知られているんですよ


なんでも日本水質保健研究所が出した

調査結果によりますと・・・


水質は古生代の石灰岩層をつたって
火山噴火でできたマグマの接触変成岩層から
湧き出ている「うまい水」で
ミネラルがバランスよく含まれる
極めて健康によい理想の水である等
地質学的に実証されているんだそうです。


また、このような水は

自然界の中でもほんの一部しか存在しないとの事


真名井の水


そんなすごいお水だったんですね~♪
どおりでポリタンクを持った方が
ひっきりなしにお水を汲んでいるワケです


ちなみに真名井の水の側に立てられていた

こま札の注意書には

『1度に10リットル以上汲まないで下さい』

と、書かれていました


人気の程が伺えますよね


その出雲大神宮の真名井の水は

境内の南の鳥居をくぐった

右手にあるんですけれど

お水が汲める場所はいくつかあるんですね


しかも!お水の勢いがかなりあって
水量が豊富なので
すぐに汲む事が出来そうです!


そんな真名井の水を

実際に飲んでみると・・・


とってもヒンヤリしていて

まろやかで飲みやすい気がしました


ちなみに
地下数メートル下からパイプを通して
雑菌の少ない水を
汲み上げているそうですけれど
飲む際には、必ず煮沸してからに
して下さいとの事です。


…その場で飲んでしまいました


真名井の水が湧き出ている様子

こちらにも湧き出ていました。


という事で今回は

亀岡市にある出雲大神宮の名水

真名井の水をご紹介しました~


真名井の水のある出雲大神宮の場所はコチラ↓