メモ2013-05-27
テーマ:神社
関連:鎮花祭 2013(出雲大神宮) / 御田祭 2013(出雲大神宮) / 真名井の水 / 

出雲大神宮

今回ご紹介するのは、京都府亀岡市にある・・・

出雲大神宮

出雲大神宮(いずもだいじんぐう)です

丹波国(たんばのくに・現在の亀岡市を中心とした一帯)の

一之宮(いちのみや・最も社格の高い神社)とされる神社です

※一之宮は、かつてあった社各制度におけるものです。戦後廃止となりましたが、現在でも目安の1つとされています。

※亀岡市は京都市の北西に位置する市です。


出雲大神宮の説明

名前からも分かる通り

出雲神話(古事記に登場する出雲地方を中心とした神々の話)に

ゆかりのある神社で、祭神には夫婦である

大国主命(おおくにぬしのみこと)と

三穂津姫命(みほつひめのみこと)が祀られています。

特に大国主命は、名の知れた女性(神様)達から

大変モテモテだった事で知られ

多くの子供をもうけた神様なんですね。


こうした事から

大国主命を祀る神社では、縁結びのご利益があるとされています

特に出雲大神宮は大国主命の奥さんにあたる

三穂津姫命も一緒に祀っている事から

大変ご利益がある神社と言われています!


大国主命は、この他にも『国譲りの神』として知られています。

※大国主命は出雲の国(現在の島根県)を、高天原(たかまがはら・天上界)にいた天照大神(あまてらすおおみかみ)らに譲ったとされ、現在の出雲大社は、大国主命が出雲を譲る代わりに、建てられたと言われています。この他、大国主命について詳しくは、地主神社の記事をご覧ください。


辨財天社

鳥居手前、左手には池が広がっています。そこに辨財天社(べんざいてんしゃ)があります。ここには市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)が祀られています。美人の神様として知られ、弁財天と同一視されています。


そんな縁結びで有名な出雲大神宮では

毎月第4日曜日に『えんむすびまつり』が行なわれ

全国各地から、ご利益を授かりに

若い女性女性を中心に多くの方が足を運んでいます。

※最近では男性の方と一緒に来られる方もいるそうですよ。


夫婦岩

『えんむすびまつり』では本殿でご祈祷した後

こちらの夫婦岩に、素敵なご縁を結ぶという意味で

結び付けられた五円玉

このように五円玉を結びつけるんですねっ。


絵馬

えんむすびまつりでのみ、ゲットする事の出来る絵馬です。自分の氏名を書き、中央に描かれた「結び目」に自分で色を塗る、少し変わった絵馬です。


ちなみに、神前の結婚式も上げる事が出来るようなので

ご利益にあやかりたいカップルの方は

検討されてみてはいかがでしょうか?


真名井の水

湧き水である『真名井(まない)の水』です。京都の名水で知られ、環境省が選定した「平成の名水百選」の1つにもなっています。


拝殿

正面鳥居をくぐると拝殿があり、この後ろに本殿が並びます。


出雲大神宮の起源は古く

奈良時代以前より、この地にある『御蔭山(みかげやま』を

ご神体(神様の依り代)として、古くから信仰されていたそうです

その後、709年に社殿が創建されたと言われています。


本殿

現在の本殿は、足利尊氏(あしかがたかうじ)によって

創建されたとも言われ

重要文化財に指定されています。

※室町幕府初代将軍・足利尊氏については『足利尊氏ゆかりの地巡り』の記事をご覧下さい。


舟岩

本殿右手には舟岩(ふないわ)があります。確かに舟の形に見えますね~。


絵馬

ハート型のかわいい絵馬もありました。


崇神天皇社

右手の参道を登っていくと

『崇神天皇社(すじんてんのうしゃ)』が見えます


もちろん祀られているのは

第10代天皇・崇神天皇です。

古事記、日本書記にも100歳以上生きていたと

記されている天皇ですが、神話に登場する天皇の中でも

実在が確実視されている最初の天皇と言われています。


ちなみに

伊勢神宮、熱田神宮に祀られている

『三種の神器(天皇が即位する為に必要なもの)』のうちの

剣(草薙剣・くさなぎのつるぎ)と鏡(八咫鏡・やたのかがみ)は

この崇神天皇が宮中から持ち出したと言われています


上の社

さらに山道を登ると、上の社(かみのやしろ)があります

祭神には夫婦である

素戔嗚尊(すさのおのみこと)と櫛稲田姫尊(くしなだひめ)を祀っています。


この2人も、大国主命と同じく

出雲神話に登場する

神々として知られていますよね。

ちなみに、素戔嗚尊がヤマタノオロチを退治し

櫛稲田姫尊と結ばれるというお話が有名です。

※このお話について詳しくは貴船祭 2012(貴船神社)の記事をご覧ください。


笑殿社

こちらは摂末社の1つ笑殿社(わらいどのしゃ)です。祭神である事代主命(ことしろぬしのみこと)は、大国主命の子供とされている神様です。


ちなみに、素戔嗚尊と大国主命は

『父親と、娘の旦那』という関係だったりします。


2人の面白いエピソードについては

是非、大豊神社 その2の記事をご覧下さい~。


春日社

こちらは春日社です

社ではなく、こちらの岩をご神体としています。


先ほどからもいくつかご紹介していますが

境内にはいくつもの、岩が祀られているのも

出雲大神宮の特徴の1つだと言えますね。


この奥には、さらに巨大な磐座(いわくら・神様の鎮座する場所)もあるんですよ~


ちなみに、この春日社は

藤原氏の氏社とされる春日大社を勧請し祀ったようです。


これは出雲大神宮は

藤原氏の一族(一条家)の領地であった事が

理由にあるそうです。


稲荷社

更に先には、稲荷社がありました。


みかげの滝

『みかげの滝』です。ご神体である御蔭山から流れる、霊験あらたかな水が流れています。


そして、一旦鳥居を出て

ぐるっと左に回り込んだところには

黒太夫社

黒太夫社(くろだゆうしゃ)が建っています


黒太夫社

この社は、氏子の方々の祖先を祀っているとされ

参拝する際は

一度、この黒太夫社に立ち寄り、参拝してから

本殿に参拝するのが、正しい参拝方法だそうですよ。


という事で、今回は出雲大神宮を紹介させていただきました

場所はコチラ↓


大きな地図で見る