メモ2012-09-19
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その93

こんにちは京子です!

今回も京都検定の過去問をご紹介したいと思います

写真と解説付きですので、是非チャレンジしてみて下さいね。

では早速、第1問です!

【問題】

醍醐寺で2月23日に行われる「五大力尊仁王会(ごだいりきそんにんのうえ)」で、持ち上げて時間を競うものはどれか。

ア.鏡餅

イ.庭石

ウ.米俵

エ.丸太

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

ア.鏡餅

京都最古の木造建築の五重塔で有名な

醍醐寺で行われる『五大力尊仁王会』は

不動明王を中心とする五大明王(5種類の明王様)に

無病息災・万人の豊楽などを願う法要です

874年に創建されて以来

1100年以上、行われています。

その中で行われるのが

紅白の巨大な鏡餅を持上げ、持っている時間を競う

『餅上げ力奉納(もちあげちからほうのう)』です。

2011年は男女71名(女性27人・男性44人)の方が

参加したんですよ

※詳しくは五大力尊仁王会 2012(醍醐寺)の記事をご覧下さい。


では2問目にいってみましょう!

【問題】

3月14日から3日間、日本最大の涅槃図(ねはんず)が公開され、「御寺(みてら)」とも呼ばれる寺院はどこか。

ア.泉涌寺

イ.真如堂

ウ.東福寺

エ.清凉寺

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

ア.泉涌寺(せんにゅうじ)

泉涌寺は

かつて、歴代の天皇・皇后の御葬儀が行われていた事から

御寺と呼ばれ、皇室の菩提寺となっていました。

※1214年に四条天皇が崩御し、泉涌寺に葬られた事に始まり、その後、南北朝~安土桃山時代の諸天皇と江戸時代、後陽成天皇から孝明天皇に至る歴代天皇・皇后の葬儀を泉涌寺では行いました。

そんな泉涌寺では

3月14日から3日間『涅槃会』が行われ

仏殿にて日本最大(高さ15.1m×幅7.3m)の涅槃図が公開されます


涅槃図とは

釈迦が横たわった(ご臨終)の様子を描いたもので

釈迦を取り囲むように人や鳥、獣などが嘆き悲しみ

泣き伏している絵の事なんですよ。

※泉涌寺について詳しくは泉涌寺 その1泉涌寺 その2をご覧下さい。

では次の問題です。

【問題】

元和7年(1621)、徳川秀忠によって建立された(   )の三門(国宝)は、現存の木造建築として最大の楼門である。

ア.南禅寺

イ.東福寺

ウ.大徳寺

エ.知恩院

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

エ.知恩院

江戸初期の技術を最大限に活かした知恩院の三門は

高さ24メートル、幅50メートル

屋根瓦は約7万枚使われています


三門とは三解脱門(さんげだつもん)とも呼ばれ

・物事に執着しない

・見かけで差別しない

・欲望のままに求めない

という3つの事柄を表しています。

これは『悟り』に通ずる3つの境地を表しているそうで

この門をくぐる事により

1歩ずつ仏の国へ行けると言われています。

※知恩院について詳しくは知恩院 その1知恩院 その2の記事をご覧下さい。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので選択問題ではありません。

ズバリでお答えください。


【問題】

応仁の乱の戦端を切った合戦が行われ、現在「応仁の乱勃発地」の石標が建つ神社はどこか。

答えは↓にスクロールして下さい。


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。


【答え】

上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)

1467年、室町幕府の次期将軍の後継者問題がきっかけとなり

起こった戦が『応仁の乱』であり

上御霊神社にて

畠山義就(よしなり)と、甥である畠山政長の合戦が行われた

と言われています

※応仁の乱について詳しくは銀閣寺(慈照寺)の記事をご覧下さい。

という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?