メモ2010-04-05
テーマ:お寺
関連:醍醐寺 その2 / 五大力尊仁王会 2012(醍醐寺) / 醍醐寺万灯会 2015(醍醐寺) / 

醍醐寺 その1

サクラが各地で満開になり

皆さん、飲めや歌へや

お忙しい日々を過ごしておられるのでしょうか?

京子は、華麗にスルーをして

世界遺産にも登録されている

醍醐寺

醍醐寺の入り口

に行ってきました

その名は、「醍醐水」が取れたという理由で名付けられた…とか

醍醐水が湧き出ているのは、

「上醍醐」

と呼ばれるところなのですが

醍醐寺の石碑

実は、醍醐寺はあまりにも敷地面積が大きいので

平地になっている部分を、「下醍醐」と呼び

山側の下醍醐から約1時間ほど登ったところを

「上醍醐」って呼ぶんです

今回は、上醍醐を断念して

「下醍醐」

をご紹介しま~す。

駒札チェック

醍醐寺のこま札

上醍醐は、また後日詳しくレポートしますね

さてさてさて、

春真っ盛り

サクラ満開

といえば、、、哲学の道と同じように

ひと…人…ヒトです

で す が

それを上回る程のサクラの

き…木…キ

歩道の両脇にサクラが植えられていて

まさに、サクラのアーチです


そしてやって来ました

「三宝院」

重要文化財で写真撮影は出来なかったのですが

ナント

襖に描かれているサクラの多いこと綺麗なこと…

一見の価値ありです

他には、葵祭りや、七草等が描かれている襖が沢山あって

部屋を移動するだけで、色んな情景が頭に流れ込んでくるんです~

すごいです すごすぎます

そして、名物は

「秀吉が設計した庭園」

です!

写真でお見せ出来ないのが非常に残念ですが

是非、訪れてその眼で味わって下さいな

「鶴」と「亀」は、一見の価値ありで~す

それから、

天下の三大名棚

と呼ばれるものがあるそうなんです。

その内の一つが、ここ醍醐寺にあり

その名も

「醍醐棚」

といって、違い棚の形になっているんです。

で、やっぱり

醍醐寺に来たからには、コレを見なくちゃ帰れませんよね

醍醐寺の醍醐味

「五重塔」

です。

その前に、仁王像の前を通り過ぎる試練が待ち受けてます

こちらが、その仁王門

醍醐寺の仁王門

あれれ?なんとなく可愛い気がします

醍醐寺の仁王 右

「文化財を大切にね

醍醐寺の仁王 左

しばらく進むと段々と見えてきました。

「京都最古」の木造建築

なんという美しさなんでしょうか

醍醐寺の五重塔

五重塔のすぐ近くにあるのが

醍醐寺の中心のお堂こと

金堂です。

醍醐寺の金堂

そういえば、

醍醐寺と言えば

「醍醐の花見」として

息子の秀頼や、淀君、ねねらと

北野天満宮でご紹介した北野大茶湯

並に、盛大に催された花見の宴ですよね

その桜は、近隣の近江、山城、河内、大和から

約700本あまりが移植されたんだそうです

そんな宴にちなんだ催しが現在でも開かれており、

4月の第2日曜日に「豊太閤花見行列」が開かれているようなので

訪れてみて下さいね

そんな秀吉が移植した桜が

現在でもまだ残っているかも知れない醍醐寺の場所はココです

五重塔と桜を目印にして下さいな♪

大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 東西線 醍醐駅(だいごえき)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口