こんにちは京子です!

さて、本日も梅の名所をご紹介したいと思います。

今回ご紹介するのは・・・

長岡天満宮

長岡天満宮です。


天満宮と言えば

菅原道真の怒りを治める為に建てられた神社ですよね

※彼の怒りの理由については菅大臣神社 その1の記事をご覧下さい。


そして、道真は

大変、梅を愛した人物でも知られている事から

彼を祀る『長岡天満宮』や『北野天満宮』は梅の名所となっています

※今年の北野天満宮の梅の様子は『北野天満宮 その5』の記事をご覧下さい。


ちなみに、長岡という地は

道真が大宰府(九州)へと左遷される時に

名残を惜しんだ場所だったと言われています。

※在原業平らと共に和歌を詠み楽しんだ場所だそうです。平安時代のプレイボーイとして知られる在原業平に関しては『十輪寺』の記事をご覧下さい。


これは道真が生前に『我が魂長くこの地にとどまるべし』と

伝えた事からも分かります。


慣れ親しんだ都を離れ、左遷された道真の

名残惜しい気持ちがとても伝わってきますね・・・


八条ヶ池と梅

さて、長岡天神の梅スポットも紹介させていただきます。

その1つが

こちらの八条ヶ池(はちじょうがいけ)周辺です。

土手沿いには白梅の梅が綺麗に咲いていましたよ~。

ちなみに、向こう側に見えるのは『錦水亭』の茶室です。

1881年創業の老舗料亭なんですね。


距離にして約1.5キロ、貯水量は35000トンの

巨大な池は1638年に作られた溜池(ためいけ)で

当時、農地に水を供給する為に作られたものです


そして、境内の梅もチェックしてみましょう。

拝殿の両脇に梅

拝殿の両脇に梅を発見

綺麗な白梅ですね~っ。

例年の見ごろを過ぎ

随分と花は落ちてしまったかもしれませんが

こうして写真に収める事が出来てよかったです。


梅の装飾

屋根の部分には梅の装飾がされていました。

ちなみに、金色に輝いているのは

長岡天満宮の神紋で

これも『梅』を表しているんです

梅

今年は寒波の影響で

開花は少し遅れていたようですが

なんとか間に合ってよかったです


梅林

さらに奥へと足を進めると『梅林』があります。


梅林は境内に隣接する『長岡公園』の一部で

広々としたスペースに18種類・約130本の梅が咲いています。

八重寒紅梅

花弁が多くボリュームのある八重寒紅梅(ヤエコウカンバイ)や

枝垂れ梅

枝垂れ梅が多く、華やかな梅が並んでいます。

天満宮を訪れた際は

セットで回られる事をオススメします

梅

毎年、3月には『梅花祭(ばいかさい)』が行われ

祭神の道真を偲び梅の花がお供えされたり

お茶席なども設けられます


今年はすでに終了しましたけれど

来年は、梅を見ながら

梅花祭に参加されてみてはいかがでしょうか


そんな長岡天満宮の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

雑談掲示板 新着