こんにちは京子です。

本日は、梅の名所で有名な・・・

北野天満宮

北野天満宮をご紹介したいと思います

そもそも、北野天満宮が梅の名所だと言われる理由は

祭神の『菅原道真(すがわらのみちざね)』にちなんで

境内にはたくさんの梅が植えられているからです


天満宮は

菅原道真が不遇の死を遂げた為

その怨霊を鎮める為に作られました。


道真が死んだ後

大きな雷が御所『清涼殿』に落ちたり

藤原氏や公卿の怪死、醍醐天皇も崩御した事で

道真の祟りであると言われてたんですね。

※彼の不遇の死に関する理由は北野天満宮 その2の記事をご覧下さい。


灯篭前の梅

灯篭前の梅は毎年綺麗ですね去年と同じくパシャリっ。


そんな道真は生前

梅を愛した人物として知られていて

京都から大宰府(九州)に左遷された道真を追って

梅が飛んで行ったと言われる

『飛梅(とびうめ)』のエピソードは有名なお話です。

※詳しくは菅大臣神社の記事をご覧下さい。


北野天満宮では彼の命日である2月25日に

梅花祭(ばいかさい)』も行っています。

900年以上も前から行われているこのお祭りに

関しては梅花祭 2012(北野天満宮)の記事をご覧下さいっ。


拝殿前の梅

こちらは拝殿前の『梅』です。

この隣には『松』があります。


神様(拝殿)から見て位の高い左側に『松』

そして右側に『梅』が並んでいるというワケです。

※松竹梅において、松⇒梅という順番になっているのです。


神社側は、特に右近の梅と言ったワケではないそうですが

いつしかそう呼ばれるようになったそうです。


ちなみに、大覚寺は『左近の梅』や御所の『左近の桜・右近の橘』と

混同されている方も多いようですけれど、関係はないようです


一重梅

白が綺麗な一重梅です。花びらの重なっていないものが一重梅と呼ばれています。

梅

梅は災難逃れの意味があり、毎朝食べると良いなんて言われてますよね。


梅苑

そして、こちらが梅苑(ばいえん)です

例年、3月の末頃まで公開されています。


巨大な梅苑には

なんと、1000本以上の梅が咲いているんですっ


老松の焼き菓子

苑内に入ればお茶菓子もいただけますよ。

京都の和菓子屋『老松(おいまつ)』の焼き菓子

官公梅(かんこうばい)と、香梅煎のセットです

北野天満宮の神紋

お菓子には北野天満宮の神紋が入ってるんですよ

この神紋も梅の花がモチーフになっています


北野天満宮の梅は

早咲きのものは12月中ごろからつぼみが膨らみ始め

1月初旬には『照水梅(しょうすいばい)』『寒紅梅(かんこうばい)』などの

梅がちらほらと咲き始めます。


約50品種の梅が境内には咲いています

その後、2月頃から

『和魂梅(わこんばい)』『黒梅(こくばい)』『座論梅(ざろんばい)』などを

中心に約50品種の梅が境内には咲いています。


今が見ごろかと思われます♪

苑内には梅の香りも広がり

ちょうど、今が見ごろかと思われます


是非、この週末は

梅を見に北野天満宮に足を運んでみてはいかがでしょうか?

場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

雑談掲示板 新着