こんにちは京子です。

さて、本日ご紹介するお寺は

天寧寺

天寧寺(てんねいじ)です。


場所は?と言いますと京都市北区になります。

目の前には『寺町通り』が走っています。

この寺町通りは、その昔

秀吉が、お寺をこの通りにずらっと集めた事は有名ですよね♪

※秀吉の行ったこの政策については『御多福珈琲』の記事をご覧下さい。


天寧寺

さて、この天寧寺の始まりは?と言いますと

もとは会津若松(福島県)にあったお寺なんです!


作ったのは、楠木正成の孫にあたる傑堂能勝(けつどうのうしょう)という人。


もとは武将で24歳の時に戦場で負傷した事がきっかけで、お坊さんとなったんですね。

でも、どうして福島にあったものが京都に!?


その理由は

1586年。独眼流でおなじみの伊達政宗が畠山氏を滅ぼす為に

会津へ攻め入り、会津若松は戦場と化したんですね


天寧寺

それがもとでお堂は焼失。

戦の続く、会津での再建を諦めた

天寧寺、住職さんは

本尊や寺宝を手に京都に移転し再建したという事です。


では、ここで・・・

一枚の写真をご覧頂きたいと思います!

天寧寺

こちらから見える景色はいかがですか?


正面の門から境内の中を撮影した様子です。

この日は、曇り空で、あまり上手に撮影出来ていませんけれど

写真、中央には比叡山の山並みが見えています。


まるで、比叡山を見事に描いた絵が額縁に入ったように見えませんか??

見事に比叡山を借景にしてる天寧寺の門は

通称『額縁門(がくぶちもん)』と呼ばれています。


境内に、比叡山の山を邪魔するお堂なども無い事から

あらかじめこの門を通して見える景色を計算し、作られた事が伺えます♪

(・∀・)ノうーん、グッジョブな設計ですね。


天寧寺

そして、こちらは観音堂になります。


中にはどんな観音様がいらっしゃるのかと言いますと

東福門院(とうふくもんいん)と、後水尾天皇(ごみずのおてんのう)

それぞれの念持仏があります。


ちなみに、この2人の名前を聞いてピンと来た人いらっしゃいますか?


そうです、この2人は夫婦ですよね~♪


ちなみに、東福門院は、徳川二代将軍『秀忠』の娘さんで、天皇家に嫁いだ女性です。

母親は、現在、大河ドラマの主人公である江(ごう)になります。

※この夫婦のストーリーに関しては『光雲寺』の記事をご覧下さい★


天寧寺

境内にはニワトリを上に乗せた石造がありました。

そして、この奥には巨大なカヤの木があります。


高さは16メートル・幹の太さは4.78メートル。


樹齢は長く、現在は殆ど枝葉はなくなっていますけれど

京都市の天然記念物にも指定されています。


天寧寺

参道を挟んで向い側には『稲荷大神』がありました。


天寧寺

こちら奥には、本堂があります。


天寧寺

鐘楼になります。


天寧寺

更に奥には庫裏(くり)がありますよ。境内の石畳も素敵ですね。


ちなみに、天寧寺の墓地には

江戸初期、武士で茶人でもある金森宗和(かなもりそうわ)のお墓なんかもあります。


彼は三千院のお庭を手がけた事でも知られているんですよ~♪

三千院については『三千院』『三千院の桜』の記事をご覧下さい。


という事で、春には見事な枝垂桜も

見る事が出来る天寧寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口