メモ2016-03-26
テーマ:京都検定対策問題

京都検定対策問題 その174

本日は京都検定対策問題をお届けします。

実力試しに挑戦してみてくださいね~♪

では、早速1問目です。


【問題】

正式名称を小倉山二尊教院華台寺(おぐらやまにそんきょういんけだいじ)という寺院はどこか。


ア.常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

イ.祇王寺(ぎおうじ)

ウ.滝口寺(たきぐちでら)

エ.二尊院(にそんいん)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

二尊院

エ.二尊院


二尊院は、正式名称を

『小倉山二尊教院華台寺』と言う

右京区嵯峨野にある天台宗のお寺です


2体の本尊である
『発遣の釈迦如来像
(はっけんのしゃかにょらいぞう)』と
『来迎の阿弥陀如来像
(らいごうのあみだにょらいぞう)』に
由来してつけられたんですね


本堂では、ご本尊の2体が

肩を寄せ合うようにして安置されています


続いて2問目です。


【問題】

天龍寺

後醍醐天皇(ごだいごてんのう)の追悼のために天龍寺(てんりゅうじ)を開創したは次のうちの誰か。


ア.足利尊氏(あしかがたかうじ)

イ.足利義昭(あしかがよしあき)

ウ.足利義政(あしかがよしまさ)

エ.足利義満(あしかがよしみつ)


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

ア.足利尊氏


足利尊氏は、足利貞氏(あしかがさだうじ)の

次男として生まれ、後に

鎌倉幕府(かまくらばくふ)を倒し

室町幕府(むろまちばくふ)を開いた人物です


尊氏は、鎌倉幕府を倒そうと後醍醐天皇
(ごだいごてんのう:第96代天皇)が
挙兵した際、鎌倉幕府から
鎮圧を命じられたんですけれど
鎌倉を出て鎮圧に向かった途中
丹波(たんば)篠村八幡宮
(しのむらはちまんぐう)で反乱を宣言し
その後、京都の六波羅探題
(ろくはらたんだい)を攻めたんですね

※六波羅探題とは、鎌倉幕府が朝廷を監視する目的で置かれた組織の事。


足利高氏旗あげの地

篠村八幡宮にある「足利高氏旗あげの地」と刻まれた石碑。尊氏は、もともと「高氏」と名乗っていたんですけれど、後醍醐天皇から幕府滅亡の勲功第一として「尊」の字を与えられ、尊氏に改名しました。


また、それと呼応して新田義貞(にったよしさだ)が

鎌倉幕府に攻め入って鎌倉幕府を倒しました


その後、後醍醐天皇による天皇親政である

『建武の親政(けんむのしんせい)』

行われます


けれど鎌倉幕府を打倒した際の

恩賞が少なかった事等の理由で

武士達の不満が高まり

幕府が倒れたにも関わらず

あちこちで戦が起こっていたんですね


東国の乱を鎮める為に
尊氏は出陣したんですけれど
なんとその途中で挙兵!
後醍醐天皇と戦う事になりました


結果的に後醍醐天皇との戦いに勝ち

室町幕府を開くんですね


尊氏は、後醍醐天皇と
戦いはしましたけれど
1339年に後醍醐天皇が崩御すると
天龍寺を建てて供養しました


天龍寺の多宝殿

天龍寺の多宝殿の中には後醍醐天皇の像が安置されています。


3問目にいってみましょう。


【問題】

次の老舗和菓子屋と代表銘菓の組み合わせで正しいものを1つ選べ。


ア.一和(一文字屋和輔)(いちわ(いちもんじやわすけ))-きぬた

イ.竹濱義春老舗(たけはまよしはるろうほ)-真盛豆(しんせいまめ)

ウ.長久堂(ちょうきゅうどう)-そば餅

エ.本家尾張屋(ほんけおわりや)-あぶり餅


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

真盛豆(しんせいまめ)

イ.竹濱義春老舗-真盛豆


竹濱義春老舗は、都市北区にある

老舗和菓子屋店で代表銘菓である

真盛豆で知られています


真盛豆の歴史は古く
室町時代、天台真盛宗
(てんだいしんせいしゅう)を
開いた慈摂大師(じしょうだいし)
真盛(しんせい)が北野の地で
辻説法をした際、塩豆に菜の干葉をかけて
通行人に振る舞ったのが
始まりといわれているんですね


竹濱義春老舗

竹濱義春老舗


その真盛の塩豆が

竹濱義春老舗にも伝えられ

今日、竹濱義春老舗の銘菓として

大変親しまれているんですよ


ちなみに真盛豆は

竹濱義春老舗の他にも全国で作られていて

京都では金谷正廣菓舗

(かなやまさひろかほ)でも作られています。


では4問目の問題です。

最後の問題は選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい!


【問題】

正定院(しょうじょういん)と常林寺(じょうりんじ)とともに『砂川の三軒寺(すながわのさんげんでら)』に数えられたのはどこか。


答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★


・・・


・・・


・・


では、答えですっ。


【答え】

長徳寺(ちょうとくじ)

長徳寺(ちょうとくじ)


長徳寺は、1605年(慶長10年)に

裏寺町(うらてらまち)に創建されたと

伝わる浄土宗の寺院で1672年(寛文12年)に

現在地に移転してきました


そんな長徳寺
正定院、常林寺とともに
『砂川の三軒寺』に
数えられているんですね


かつてこの地が鴨川(かもがわ)と合流する

砂川(すながわ)があった事から

付近にあった3つの寺院を総称して

砂川の三軒寺と呼んだという事です。


長徳寺の山門横には

京都市内で最も早く開花するといわれる

オカメ桜がある事でも知られているんですよ


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口