メモ2015-01-30
テーマ:京の名水
関連:八坂神社 / をけら詣り 2010(八坂神社) / をけら詣り 2011(八坂神社) / かるた始め式 2012(八坂神社) / 御神楽奉納 2012(八坂神社) / 白朮祭 2013(八坂神社) / 初能奉納 2013(八坂神社) / 草鹿式奉納 / 

祗園神水

今回ご紹介するのは

八坂神社境内に湧き出ている名水


祗園神水(ぎおんしんすい)


祗園神水(ぎおんしんすい)を
ご紹介したいと思います!


この名水は八坂神社本殿の東側にある

末社・大神宮社(だいじんぐうしゃ)の前にある

井戸の湧き水で八坂神社本殿の下から

湧き出ているそうです


大神宮社(だいじんぐうしゃ)


ちなみに祗園神水は
地元の方に『力水』と呼ばれ
気の力が得られる水として
親しまれているんですよ~


そんな名水なら

ぜひとも飲んでみたい!!

と思いますよね


けれどこちらの力水

注意書きのようなものが貼ってあり

「飲料用ではありません!」

と書かれていました


の、飲めないんですね


でも、そこで諦めてはいけません♪


なんと!八坂神社境内の自動販売機には

力水と書かれたドリンクが

売られていたりするんですよ~

これはもう必見ならぬ必飲ですよね

※同じ水なのかは確認してません。


八坂神社

八坂神社


ちなみに八坂神社の湧き水と言えば

女性の方は、こちらを思い浮かべる人も

多いのではないでしょうか♪


そう!力水の他にも有名なのが
美御前社(うつくしごぜんしゃ)の
美容水です


美御前社の美容水


こちらの湧き水もどうやら本殿の下から

湧き出ているようですよ~


それにしても八坂神社の本殿の下から

湧き水が涌いているというのは

何とも不思議な感じがしませんか


八坂神社本殿

本殿


通常、建物を建てる場合は

地盤のしっかりしている所を選ぶと思うんですけれど

これではまるで湧き水の上に建っているみたいですよね。


その答えのヒントになりそうな事が

江戸時代後期に発行された

京都名所案内ガイド本ともいえる

『都名所図会(みやこめいしょずえ)』に書かれていました。


それによると

八坂神社本殿の下には
竜宮へと通じている
龍穴(りゅうけつ)の存在が
書かれているんですね


龍穴というのは風水では

大地の気が吹き上がる場所のようで

現代風に、わかりやすく言い換えるなら

超強力なパワースポット

という事でしょうか


つまり、そのエネルギーを得るため

その場所に本殿を建てたんだと思います♪


ちなみに、その龍穴の深さを

梨本の座主(現在の三千院門跡の座主)が計ったところ

50丈(約151メートル)にも及び

図りきる事が出来なかったみたいです

※京都を代表するランドマークの京都タワーは下のビル部分も含めて約131メートルですから、どれほど深いかわかって頂けると思います。


それ以上に穴は深いという事ですから

この世ではない何処かに繋がっていても

不思議ではなさそうですね


京都は昔から豊富な地下水のある場所と

いわれていますけれど

まさか八坂神社にも水脈があるなんて

思いもよらなかった・・・という人も

多いのではないでしょうか♪


そんな祗園神水の湧き出ている

八坂神社の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 祇園四条(ぎおんしじょう)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口