メモ2014-07-21
テーマ:祭り・イベント

祇園祭 2014 曳初・大船鉾(八坂神社)

今回ご紹介するのは7月20日に行われた

大船鉾

大船鉾(おおふねほこ)の曳初(ひきぞめ)です!


大船鉾はなんと今年

150年振りに祇園祭の巡行に復帰するんですよ。


巡行に復帰するという事は

もちろん曳初が行われるという事ですよね


ちなみに曳初とは

簡単に言ってしまうと

鉾や山の試運転のようなものです


つまり巡行の前に

何か異常がないか

試しに動かしているというわけなんです。


そして、この曳初の日は

一般の人も鉾を曳く体験が出来るんですよ~

もちろん女性も綱を曳くことが出来ちゃいます。


ここで曳初と舁初(かきぞめ)の違いを

簡単にご説明しますね。


曳初は鉾のように引っ張って移動させるものを言うのに対し

舁初は人が担いで移動させるものを言います。


では、曳初について詳しくなったところで

早速レポートしていきましょう♪


曳初の行われる午前10時には

清祓式

祭の無事を祈る清祓式(きよはらえしき)が行われました。


そしてその後、14時から

曳初が始るんですね~


14時ちょっと前に到着した際には

すでに交通整理が行われているところで

四条通り(京都を東西に走るメインストリート)は通行止めになっていましたよ。


というのも

大船鉾は四条通りより南にあり

曳初では四条通りを超えて

錦小路通り(四条より1筋北)の辺りまで行く予定なんです。


鉾を動かしているときに

車とぶつかったら大変ですからね~


そして、しばらくすると・・・

大船鉾のお囃子が聞こえてきました~


「エーンヤラヤー」と掛け声をあげて


大船鉾・曳初

ゆっくりと大船鉾が動きましたよ


どうですか~♪

とっても大きいですよね~


予定では錦小路通りまでだったんですけれど

見物客が多すぎたので

四条通りで引き返していきました。


150年振りなんですから

殺到しちゃいますよね!


その後は天気も急激に悪くなり

大粒の雨が降り始めてしまいました~


それでも観光客の皆さんは

150年振りに復興した大船鉾の記念すべき曳初を

ファインダーに収めようと

しきりにカメラのシャッターを切られてましたよ♪



ここで少し大船鉾についても

触れておきたいと思います


大船鉾は

船鉾(ふねほこ)と同様に舟形をしていて

大船鉾・側面

鉾に祭られているご祭神も

神功皇后(じんぐうこうごう)なんですね。

※神功皇后は日本書紀に三韓征伐を行い、新羅・高句麗・百済を攻め立て降伏させたと記されています。三韓征伐の際には、お腹に子供(のちの応神天皇)を宿しながら戦ったそうですよ。詳しくは、祇園祭 船鉾(八坂神社)の記事をご覧ください。


船鉾は前祭(さきのまつり・7月17日)

大船鉾は後祭(あとのまつり・7月24日)に

それぞれ巡行するので

大船鉾も、特に大船鉾と呼ばずに

船鉾と呼ばれていたそうです。


ちなみに船鉾は神功皇后の出陣の船を表しているのに対し 大船鉾は凱旋の船を表しているそうですよ♪


そんな大船鉾の建立は

1441年(嘉吉元年)と言われているんですけれど

1467年に起きた応仁の乱によって焼失してしまうんですね

※一説には1422年にはすでに存在したとも言われています。


その後、1500年に復興されるんですけれど

1788年に起きた天明の大火で再度焼失


1804年に再び復興されると

1864年(元治元年)に起きた禁門の変で焼失し

それ以降ずっと休んでいたわけなんですね~


そんな大船鉾が復興したのが

150年振りの

今年!2014年なんです


曳初で大船鉾が動いている所を見逃した~!!

という人は

ぜひ後祭でその姿を見届けて下さいね。


そんな大船鉾のある場所はコチラ↓


より大きな地図で 大船鉾 を表示