メモ2014-01-22
テーマ:その他
関連:京ゆかりの言葉 その1 / 京ゆかりの言葉 その2 / 京ゆかりの言葉 その3 / 京ゆかりの言葉 その4 / 京ゆかりの言葉 その5 / 京ゆかりの言葉 その6 / 京ゆかりの言葉 その7 / 京ゆかりの言葉 その8 / 京ゆかりの言葉 その9 / 京ゆかりの言葉 その10 / 京ゆかりの言葉 その11 / 京ゆかりの言葉 その12 / 京ゆかりの言葉 その13 / 京ゆかりの言葉 その14 / 京ゆかりの言葉 その15 / 京ゆかりの言葉 その17 / 

京ゆかりの言葉 その16

今回ご紹介するのは・・・

古都・京都ゆかりの言葉です!


今でも使われる『言葉』の語源には

1200年の歴史を持つ京都ゆかりのものが

多数、存在しています


今回は、そんな『京ゆかりの言葉』を

いくつかご紹介させていただきます


・大盤振る舞い(おおばんぶるまい)

大勢に気前よく、食事や金品を振舞う事を「大盤振る舞い」と言いますが

この『大盤』とは何だと思いますか?


これは当て字だそうで、本来は『椀飯(おうばん)』と書くそうです。

漢字からイメージできるかもしれませんが

この椀飯は『お椀に乗ったご飯』なんですね


平安時代、宮中では、行事がある度に

椀飯を集まった人に振舞った事が起源と言われています。


山蔭神社

こちらは料理や包丁の神様と言われる藤原山蔭(ふじわらのやまかげ)を祀る山蔭神社です。彼は平安時代の公卿(くぎょう・国政を担う職位であり高官)で、宮中料理の諸作法(調理法や作法)をまとめ上げたと言われています。彼について詳しくは、例祭 2012(山蔭神社)の記事をご覧下さい。


江戸時代に入ると、庶民の間でも使われるようになり

食事に限らず、気前良く売る舞う事自体を

指す言葉になったようですよ~


・土壇場(どたんば)

せっぱつまったギリギリの状態を土壇場と言いますが

そもそも、この土壇場とは、どんな場所?場面?なのでしょうか。

実はこの場所とは・・・

斬首刑を執行する場所の事なんですね。


『土壇』は土を盛って作られた壇(だん)という意味ですが

江戸時代に入ると、斬首刑をする際

この土壇場に、罪人を横たわらせて刑を執行したんですね。

この事から、現在の土壇場の意味になったようです


京都の場合だと

三条河原にこの土壇場があったようで

多くの罪人がここで斬首刑となったようです


近藤勇像

これに加え、三条河原は『晒し首』の場所ともなっていて

幕末では、新撰組の近藤勇(こんどういさみ)が

東京で斬首された後、ここでさらし首となったんですよ。

※写真は、壬生寺にある近藤勇像です。この他、壬生には八木邸や旧前川邸などもあります。


・二枚目(にまいめ)

「あの人、二枚目ね。」と、男前や美男子の事を指す二枚目という言葉です。

※最近の若い人は、二枚目より『イケメン』という言葉の方が浸透しているかもしれませんね。


でも皆さん、二枚目の意味は知ってますよね。

さて、では一体、この『二枚目』って

何の二枚目の事を指す言葉がご存知ですか?

正解は?と言いますと・・・

役者の名前が刻まれた看板の事なんですね


東京の歌舞伎座や、京都の南座

掲げられていた『八枚看板』が語源となっています

※八枚看板とは、舞台で活躍する8人の重要な役者の名を書き記した看板の事です。


その一枚目には主役(座主)の名が書かれ

二枚目に『美男役』が名を連ねる事から

男前・美男子=二枚目と言われるようになったんですね。

※ちなみに、三枚目は道化役の名が掲げられていたそうです。つまり二枚目とは対照的な存在という事であり、現在もその意味として使われています。


まねき

南座では、今でもこのように

役者の名前が書かれた看板(まねき)が掲げられています。

これは当時の名残によるものだそうです。


・ゴキブリ

最後は『ゴキブリ』です!

え?これにも語源が?っていうか日本語が元になっているとも思わなかった

人もいるのではないでしょうか?

このゴキブリとは、天皇の側に仕える女官が

もともと使っていた言葉

『ごきかぶり』が語源になっているそうです


京都御所

こちらは宮中が置かれていた京都御所です。門の奥には紫宸殿(ししんでん・正殿)が見えます。


ひらがなで書かれても分かりにくいですよね(汗)

漢字で書くと『御器噛り』です。

御器とは蓋付きの食器の事であり、主にお椀(わん)を意味しました。


つまり、お椀に残ったご飯にかぶりつく生き物という

事からそう呼ばれていたんですね


という事で今回は京ゆかりの言葉をご紹介させていただきました。