メモ2012-05-12
テーマ:祭り・イベント
関連:下鴨神社 その1 / 流鏑馬神事 2010(下鴨神社) / 蹴鞠初め 2011(下鴨神社) / 下鴨神社 その2 / 下鴨神社 その3 / 流鏑馬神事 2011(下鴨神社) / 蹴鞠初め 2012(下鴨神社) / 京の流しびな 2012(下鴨神社) / 御蔭祭 2012 後編(下鴨神社・御蔭神社) / 堅田供御人行列鮒奉献奉告祭 2012(下鴨神社) / 蛍火の茶会 2012(下鴨神社) / みたらし祭 2012(下鴨神社) / 夏越神事 2012(下鴨神社) / えと祈願祭 2012(下鴨神社) / 蹴鞠初め 2013(下鴨神社) / 成人祭 2013(下鴨神社) / 斎王代以下女人列御禊の儀 2013(下鴨神社) / 歩射神事 2013(下鴨神社) / 

御蔭祭 2012 前編(下鴨神社・御蔭神社)

こんにちは京子です!

今回ご紹介するのは5月12日に行われた

御蔭祭

御蔭祭(みかげまつり)です

下鴨神社の祭礼なんですよ。

5月12日御蔭祭

御蔭祭は

比叡山のふもとに位置する『御生山(みあれやま・御蔭山とも言う)』に立つ

御蔭神社(みかげじんじゃ)まで

祭神である玉依姫命(たまよりひめのみこと)と

その父にあたる賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)の

『荒御霊(あらみたま)』をお迎えに上がり

下鴨神社まで連れて帰る神事です。

※荒御霊とは神様の霊魂の種類の1つで『荒々しい勇猛な魂』の呼び名です。


連れて帰った荒御霊は

同祭神を祀る下鴨神社の和御霊(にぎみたま)と一体になり

新たに甦った『玉依姫命』と『賀茂建角身命』は葵祭の日に供えます

※同日深夜、上賀茂神社でも同様の『御阿礼(みあれ)神事』がありますがこちらは完全非公開となっています。


9時から神事が行われます

まずは下鴨神社の舞殿にて9時から神事が行われます

勧盃の儀

『勧盃の儀』を行い

宮司を中心とした神職の方が舞殿にて盃を受けます。

橋殿(はしどの)の前

そして橋殿(はしどの)の前へ移動し

橋殿の前でお祓い

お祓いを行った後

神宝(楽器や槍など)を行装(ぎょうそう・行粧とも書きます)に手渡し

御蔭神社へと向かいます

隊列を組み下鴨神社を出発し御蔭神社へと向かいます

下鴨神社の摂社である御蔭神社は

冒頭でも言いましたように御生山の山中にある神社です。

御蔭神社

ちなみにすぐ近くには比叡山もありますよ


普段は静かな神社ですけれど

この日は下鴨神社から100人を超す行装(ぎょうそう・行粧とも書きます)が

境内へとやって来ます

手水場

手水を行う場所です。

本殿前に着席され

御蔭神社本殿

御生神事(みあれしんじ)が始まります。

本殿の前には幕

本殿の前には幕が張られています。

幕の向こう側に神職の方が数名入られた後

午の刻(うまのこく・12時)に祝詞(のりと)を奏上し

御生木(みあれぎ・榊の若枝)に荒御霊が移されます。

双葉葵

女性は双葉葵を身につけています。

その御生木は更に神霊櫃(しんれいびつ)に入れられ

御生山を下山

御生山を下山します

ちなみに御蔭祭の神幸列(神霊・神様の魂をやどした行列)は

日本最古だと言われているんですよ


この後、神幸列は賀茂波爾神社(かもはにじんじゃ・通称 赤の宮神社)へ向かいます。

続きは御蔭祭 2012 後編(下鴨神社・御蔭神社)をご覧下さい。


そんな下鴨神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

御生神事が行われた御蔭神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

『御蔭祭』の関連イベント

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 出町柳駅(でまちやなぎえき)
 市バス 1・4・205系統 下鴨神社前(しもがもじんじゃまえ)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口