メモ2012-10-09
テーマ:祭り・イベント
関連:下鴨神社 その1 / 流鏑馬神事 2010(下鴨神社) / 蹴鞠初め 2011(下鴨神社) / 下鴨神社 その2 / 下鴨神社 その3 / 流鏑馬神事 2011(下鴨神社) / 蹴鞠初め 2012(下鴨神社) / 京の流しびな 2012(下鴨神社) / 御蔭祭 2012 前編(下鴨神社・御蔭神社) / 御蔭祭 2012 後編(下鴨神社・御蔭神社) / 堅田供御人行列鮒奉献奉告祭 2012(下鴨神社) / 蛍火の茶会 2012(下鴨神社) / みたらし祭 2012(下鴨神社) / 夏越神事 2012(下鴨神社) / 蹴鞠初め 2013(下鴨神社) / 成人祭 2013(下鴨神社) / 斎王代以下女人列御禊の儀 2013(下鴨神社) / 歩射神事 2013(下鴨神社) / 

えと祈願祭 2012(下鴨神社)

えと祈願祭 2012(下鴨神社)

こんにちは京子です

今回ご紹介するのは10月9日に

下鴨神社

下鴨神社で行われた・・・

えと祈願祭

えと祈願祭です!

別名、繁昌大国秋祭(はんじょうだいこくあきまつり)と言います


五穀豊穣、商売繁盛を祈願する神事で

『大国』とは大国主命(オオクニヌシノミコト)の事を指し

この神様は

7つの名前を持っている事でも有名です

この7つは

それぞれの干支の守護神でもあるんです。


■大国魂神(おおくにたまのかみ)『巳』『未』の守護神

■顕国魂神(うつしくにたまのかみ)『午』の守護神

■大国主神(おおくにぬしのかみ)『子』の守護神

■大物主神(おおものぬしのかみ)『丑』『亥』の守護神

■志固男神(しこおのかみ)『卯』『酉』の守護神

■大己貴神(おおなむちのかみ)『寅』『戌』の守護神

■八千矛神(やちほこのかみ)『辰』『申歳』の守護神


干支の社

そして下鴨神社の本殿前には

これらを祀った祠(ほこら)があるんです


商売繁盛はドコから来ているのかと言いますと

祠のサイズが五合桝(ごごうます)である事から

一升の半分で「はんじょう=繁盛」という事だそうですよ


そんな『えと祈願祭』の神事では

参拝者が

自分の生まれ年の干支に玉串を奉納する事が出来ます

では早速レポートしますねっ。


神事

13時から神事が始まり

中門前に神職の方々が集合します。

お祓いに始まり、お供え物をして

祝詞(のりと)が奏上されます。


その後、関係者を始め、参拝者にも玉串が渡され

それぞれの干支の祠に玉串を奉納する事が出来ます

※50人ほどの参拝者が、それぞれの社に奉納されていましたよ。


こうして神事は約40分ほどで終了し

最後にお神酒が配られます。

舞殿

その後、境内の舞殿(まいどの)で

様々な奉納が16時過ぎまで行われます。

※例年、奉納は橋殿(はしどの)で行われているようですが、改装工事中の為、2012年は舞殿で行われました。


最初に行われたのは舞楽です

演目順に紹介しますと・・・

賀殿

賀殿(かてん)

平安時代、遣唐使であった藤原貞敏(ふじわらのさだとし)が

唐から持ち帰ったと言われる舞です。

埴破

埴破(はんなり)

通常は4人で舞う演目だそうです。

埴玉(はにだま)と呼ばれる5色に彩られた玉を持ち、舞います

中国古代の王朝『周』で生まれたものだそうで

古くは陶土(どうど・土器に用いられる土)で出来た埴玉の中に

餅を入れて、王に献上した事が起源となっています。

蘭陵王

蘭陵王(らんりょうおう)

北斉(ほくせい・中国の南北朝時代の国)の皇族であり

勇猛で美形な男性『高長恭(こうちょうきょう)』に由来する舞です

彼の容姿が美しく、優しい顔立ちであった事から

戦の時は自軍の兵が見とれてしまわないように

獰猛(どうもう)な仮面を被って出陣したそうです。


兵達は、その勇士を歌い舞ったそうです。

約1時間、これらの演目が行われた後

琴の演奏や日本舞踊、日本民謡など

様々な伝統芸能が行われましたよ

福笹

1000円の奉賛券を購入すれば、食事やビールに加え、福引をする事が出来ます。こちらは、その景品の1つ『福笹』です。


そんな『えと祈願祭』が行われた

下鴨神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 出町柳駅(でまちやなぎえき)
 市バス 1・4・205系統 下鴨神社前(しもがもじんじゃまえ)