今回ご紹介するのは

京都市西京区にある

松尾大社(まつのをたいしゃ)で行われた


中酉祭(ちゅうゆうさい)

中酉祭(ちゅうゆうさい)です!


松尾大社は

701年(大宝元年)に勅命によって

秦忌寸都理(はたのいみきのとり)が

創建した神社で中世以降

『お酒の神様』

言われるようになった神社なんですよ~


松尾大社

神代の時代、祭神である松尾大神は
八百万の神様が松尾山に集まった際に
嵐山のお米を蒸して
松尾山から湧き出る水を使ってお酒を作り
神様達に振る舞ったという
伝承があるんですね


中酉祭(ちゅうゆうさい)と書かれた看板

そんな松尾大社で行われる中酉祭

別名、醸造感謝際(じょうぞうかんしゃさい)ともいわれ

醸造が無事完了した事を

神様に感謝するお祭なんですね


古くからお酒造りは
『卯(う)の日』に始まり
『酉(とり)の日』に終わるという
慣わしがある事から
11月の上卯(じょうう)の日に
醸造の安全祈願をする
上卯祭(じょううさい)が行われ
4月の中酉の日には
醸造の完了を感謝する
中酉祭が行われていると
いうワケなんです


それでは早速レポートしていきましょう。


午前11時頃境内に着くと

本殿前には多くの方が

神事が始まるのを待っていましたよ~


しばらくすると

本殿の北側にある参集殿前に

神職の方が集まり手水やお祓いをします。


お祓い

その後、本殿へと移動をし

本殿神事が始まります。


本殿に奉納されているお酒

本殿に奉納されているお酒の数々


本殿神事では

宮司による祝詞奏上が行われた後

巫女による神楽が奉納されます



奉納される神楽は

倭琴の舞(やまとごとのまい)といって

これは大和歌に合わせて舞われるものなんですよ。


巫女に神楽

巫女は山吹(やまぶき)の花を手に持ち

舞っていたんですけれど

かなり雅な感じに見えますよね~


神楽の様子は動画でご覧ください。


ちなみに松尾大社は山吹の名所としても知られ

この時期、境内には山吹の花が咲き乱れています


松尾大社の山吹

山吹というと黄色の山吹を想像する人が

多いと思うんですけれど

実は松尾大社には

白い色をした山吹も咲いているんですよ!!


そして巫女の神楽が奉納されると

宮司一拝、玉串奉奠(たまぐしほうてん)と進み

神事は滞りなく執り納められました


ちなみに松尾大社の境内には
古くから名水といわれている
亀の井(かめのい)』があり
お酒の醸造の際に混ぜると
お酒が腐らないといわれていたり
飲めば長寿を保つと信じられている事から
『延命長寿』、『蘇りの水』とも
いわれているんですよ~


境内にはお酒の資料館もあるので

ぜひ訪れてみてくださいね♪


そんな中酉祭が行われた

松尾大社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

雑談掲示板 新着