こんにちは京子です!

今回ご紹介する神社は・・・

涌出宮

涌出宮(わきでのみや)です


京都府の最南端、木津川市(きづがわし)にある神社で

正式名称を

和伎座天乃夫岐賣神社(わきにますあめのふきめじんじゃ)と言います。

※別名『和伎神社』とも呼ばれています。


涌出宮の案内板

起源は古く、766年に伊勢より勧請された

天乃夫岐売神(あめのふきめのかみ)を祀った事に由来します

※社伝によると、天乃夫岐売神とは天照大神の御魂の事を指すそうです。


涌出宮と呼ばれるようになった理由は

天乃夫岐売神を勧請した際に

一晩にして森が出現した(涌き出た)という伝承から

その名が付いたと言われています。

鳥居

長い参道を歩くと再び鳥居が見えてきます。


四脚門

その更に奥に四脚門があります。


ちなみに、この時

出現した森(涌出森・わきでのもり)の広さは

4町8反(およそ47000㎡)あったとされています


そして、天乃夫岐売神を祀った後

宗像三女神(むなかたさんじょじん)も合祀されました

ちなみに宗像三女神は以下になります。

・田凝姫命(たごりひめのみこと)

・市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)

・端津姫命(たぎつひめのみこと)

※宗像三女神とは福岡の宗像大社に祀られている三柱の総称です。


社殿

門をくぐると社殿が縦に並んでいます。


拝殿と本殿

拝殿と本殿が並びます。これらは有形文化財に登録されています。本殿は1692年に再建されたものだそうですよ。


平安時代には

山城国の祈雨神社(雨乞いの為の神社)とされ

清和天皇や宇多天皇は

涌出宮に勅旨を派遣し、祈祷したと伝えらています

こうした事から

農耕を行なう村人からも

篤い崇拝を受けていたようです。


神馬像

こちらの神馬像は戦後建て直されたもので、現在2代目だそうです。


居籠祭

現在でも豊作を祈願する

『居籠祭(いごもりまつり)』が行なわれています

こちらの絵馬にも居籠祭の様子が描かれています。

※居籠祭は毎年2月に行なわれる祭です。稲を植える所作を行なったり、境内にて巨大な松明を燃やします。


この他にも3月には

子孫繁栄を願う『女座の祭(おなござのまつり)』なども

行なわれているんですよ。

女座の祭について詳しくは女座の祭 2013(涌出宮)の記事をご覧下さい。


『和伎座天乃夫岐賣神社』と書かれた石碑

石碑には涌出宮の正式名称『和伎座天乃夫岐賣神社』と書かれています。


ちなみに、この辺りは

『涌出宮遺跡』と呼ばれていて

縄文時代や弥生時代の

石器や土器が出土しているそうです。


この事から

1983年に京都府より遺跡指定されたそうですよ


という事で今回は

木津川市にある涌出宮をご紹介しました


場所はコチラ↓


大きな地図で見る

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り