こんにちは京子です

今回ご紹介するのは

5月4日に上賀茂神社で行われた

斎王代以下女人列御禊の儀

斎王代以下女人列御禊の儀(さいおうだいいかにょにんれつぎょけいのぎ)です。


葵祭の主役とも言える斎王代(さいおうだい)と

51名の女人列が身を清める神事です♪


葵祭』とは賀茂社(上賀茂神社・下鴨神社の総称)の例祭で

江戸時代までは『賀茂祭』と呼ばれていました。

源氏物語や枕草子などにもその名が出てくる祭で

平安時代において『祭』と言えば賀茂祭の事を意味していました。


京を襲った疫病が賀茂神(かものかみ)の祟りだと考えられ

鎮める為に葵を飾り、馬に鈴を付け走らせ

祈願した事が起源となっています。


現在も平安朝の雅で優雅な姿で行列を作り

御所を出発し

下鴨神社を経て、上賀茂神社へ向かう

総勢500名以上もの一大パレードが見所のお祭りです


斎王代以下女人列御禊の告知

『斎王代』とは『斎王』の代わりという意味です。

斎王は身を清め、酒や肉などを慎み

天皇の代わりに神様にお仕えする女性の事で

平安時代から

未婚の皇族女性(内親王)が選ばれていました。


以後、斎王を中心とする『女人列』が無くなった時期もありましたけれど

昭和31年からは斎王の代わりに

一般人から毎年『斎王代』が選ばれるようになり

斎王代を含む女人列が見事復活したんですね~♪


朝10時から始まります

朝10時から始まった『斎王代以下女人列御禊の儀』

まずは一ノ鳥居から

斎王代以下、女人列が入場されます♪

ちなみに

『御禊の儀(ぎょけいのぎ)』とは簡単にいうと

・・・お祓いの儀式です


葵祭に先駆けて、お祓いをしておくんですね。

※隔年、上賀茂神社と下鴨神社の交互で『斎王代以下女人列御禊の儀』は行われています。


この日が

斎王代の初お披露目という事もあって

参道には多くの方が集まっていらっしゃいました。


十二単の斎王代

斎王代は十二単の上に

白の小忌衣(おみごろも)を着ていらっしゃいます。

なんと重さは約30キロもあり、着付けには、2人がかりで3時間かかるそうですよ~。

お値段は500万円以上なんて事も聞いたコトがあります


涼しげなお顔で颯爽と、歩いてらっしゃいましたよ♪


女人列

女人列を彩るのは

女童(めのわらわ)、命婦(みょうぶ)、女嬬(にょじゅう)

内侍(ないし)、女別当(にょべっとう)、釆女(うぬめ)

などの女性たちの大行列です


行列は二ノ鳥居をくぐり『橋殿(はしどの)』へと向かいます。

無事に到着すると、神職の方よりお祓いを受けます。

この後、斎王代は女童に連れられ、岸辺に降り

橋殿の下を流れる『ならの小川』に両手を浸して身を清めます。

この時がチャンスとばかりに

報道陣の方を中心に、一斉にシャッターが切られます♪


橋殿に斎王代が戻ってくると

女人列は形代(かたしろ)を使いお祓いをします。

形代

形代は、人の形をした直径10センチ程の紙で

右手に持ち

左胸、右胸、中央の順に当て

最後に息を吹きかけ『ならの小川』に流されます

これを橋殿にいる女性全員が行います。

最後に斎王代もお祓いを行い

斎王代以下女人列御禊の儀は終了です♪


翌日(5日)には

上賀茂神社では『賀茂競馬(かもくらべうま)』

下鴨神社では『歩射神事(ぶしゃしんじ)』が行われ

いよいよ15日に葵祭を迎えますよ


そんな『斎王代以下女人列御禊の儀』が行われた

上賀茂神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る
タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口