メモ2015-05-05
テーマ:祭り・イベント
関連:長岡天満宮 その1 / 長岡天満宮 その2 / 長岡天満宮 その3 / 火焚祭 2015(長岡天満宮) / 

筆塚祭 2015(長岡天満宮)

今回ご紹介するのは

京都府長岡京市(ながおかきょうし)にある

長岡天満宮(ながおかてんまんぐう)で行われた


筆塚祭(ふでづかさい)


筆塚祭(ふでづかさい)です。


筆塚祭は

長岡天満宮の境内にある筆塚の前で

毎年5月5日に行われ

日頃使っている筆に感謝し

書道上達を願うお祭なんですね


筆塚

筆塚


The 筆!

といった感じのモニュメントですよね


お祭では古くなった筆をお火焚で

焚き上げてもらえます♪


そして筆を持っていった方には
普段は授与されていない
『書道上達御守』が授与されるんですよ


筆供養をしてもらいつつ

特別なお守りを授与して頂けるなんて

うれしいですよね


書道上達御守

書道上達御守


ここで筆塚祭の行われる

長岡天満宮についても簡単にご紹介しますと・・・


長岡天満宮の拝殿


長岡天満宮は

ご祭神の菅原道真(すがわらのみちざね)が

九州の大宰府(だざいふ)に左遷される際にこの地に立ち寄り

「わが魂長くこの地にとどまるべし」

名残惜しんだ縁から、道真自作の木像を

お祀りしたのが始まりといわれています

※詳しくは、長岡天満宮 その1の記事をご覧下さい。


ちなみに菅原道真は学問の神様として

知られていますよね

※菅原道真について詳しくは菅大臣神社 その1の記事をご覧下さい。


それでは早速レポートしていきましょう


11時頃、長岡天満宮の境内に着くと

神事の準備が既にされていましたよ。


境内には、古くなった筆と

願いの書かれた火焚串をお焚き上げする

火床も設けられていました


火床


しばらくすると・・・

神職の方が本殿から移してきた

『ご神火』を持ってくるんですね~


ご神火を持ってくる神職


そして神事が始まります!


まずは神様をお迎えするにあたって

心身の罪穢(つみけがれ)を祓(はら)う為

修祓(しゅばつ)を行います


修祓(しゅばつ)


神様は罪穢をお嫌いになりますからね!


そして神様へのお供え物である

神饌(しんせん)を献上して神様をもてなすと

宮司による祝詞(のりと)が奏上されます


続いて神職の方が

先ほど本殿から移してきたご神火を持って


ご神火


火床の方に移動し

いよいよ!ご神火を火床に点火するんですよ


火床に点火する様子


ちなみにお焚き上げしている最中は

大祓詞(おおはらえことば)が読み上げられていました

※大祓詞は奈良時代から続く祝詞(のりと)の1つで、別名『中臣の祓(なかとみのはらえ)』と言います。


お火焚の前で大祓詞が読み上げられている様子


その後、再び筆塚の前に戻り

筆塚祭は無事にお納めされました!


日頃から筆を使っていらっしゃる方は

筆に感謝して来年、筆供養に

訪れてみてはいかがでしょうか


そんな筆塚祭が行われた長岡天満宮の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 阪急電車 京都線 長岡天神駅(ながおかてんじんえき)