メモ2013-05-06
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その171

今回は京都検定の過去問をお送りします。

写真と解説付きなので

是非、問題にチャレンジしてみてくださいね

では早速1問目です!

【問題】

足利義政の後継者問題や管領(かんれい)畠山(はたけやま)、斯波(しば)両家の家督争いに端を発する内乱はどれか。

ア.応仁の乱(おうにんのらん)

イ.承久の乱(じょうきゅうのらん)

ウ.平治の乱(へいじのらん)

エ.保元の乱(ほうげんのらん)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.応仁の乱

管領とは、室町幕府の要職であり

将軍を補佐するポストの1つです

代々、細川氏・斯波氏・畠山氏より輩出されている事から

これら三家を三管領と言いました。


応仁の乱のきっかけとなった

後継者問題とは

義政は正室(日野富子)との間に子供が恵まれなかった為

次の将軍は弟である義視(よしみ)に譲る事を決意した矢先

日野富子との間に

義尚(よしひさ)が誕生した事によって

起きてしまった問題です

※応仁の乱について、詳しくは銀閣寺(慈照寺)の記事をご覧下さい。


上御霊神社

ちなみに、1467年に起こった

『応仁の乱』勃発の地と言われているのが

こちらの上御霊神社であり

応仁の乱勃発地という石碑も境内には建っているんですよ


では次の問題です。


【問題】

鹿ヶ谷(ししがたに)の(   )には、谷崎潤一郎や九鬼周造(くきしゅうぞう)ら多くの文人の墓がある。

ア.安楽寺(あんらくじ)

イ.法然院(ほうねんいん)

ウ.光雲寺(こううんじ)

エ.金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

法然院

イ.法然院

法然院は浄土宗の祖で知られる

法然の草庵を起源とするお寺です。

※問題にもある鹿ヶ谷とは、京都市東山区にある地名の1つです。


境内にある墓地には、谷崎潤一郎や九鬼周造以外にも

哲学の道』の由来ともなった

西田幾多郎(にしだきたろう)などのお墓もあります。


その他、法然院については

法然院 その1法然院 その2法然院 その3の記事をご覧下さい。


【問題】

建仁寺

建仁寺の開山降誕会(かいざんごうたんえ)で今も行なわれる茶会はどれか。

ア.夜咄(よばなし)

イ.四ツ頭茶礼(よつがしらちゃれい)

ウ.観桜茶会(かんおうちゃかい)

エ.初釜(はつがま)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.四ツ頭茶礼

開山降誕会とは、建仁寺を開山した

栄西(えいさい)が誕生した日に合わせて行なわれる法要です。


彼は、中国から日本にお茶を持ち帰った僧である事から

この故事に基づき、茶会『四ツ頭茶礼』が行なわれています

四ツ頭茶礼は

禅宗のお寺に伝わる古式の茶会で

4人の僧が、招待した32人の客人に茶を振舞う儀礼です。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません

ズバリでお答え下さい。


【問題】

平安時代の歌人上野岑雄(かんつけのみねお)が「深草の野辺の桜し心あらば・・・」と詠んだところ、咲いたと伝えられる桜の花にちなんだ伏見の地名は何か。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

墨染(すみぞめ)

この墨染にある、墨染寺(ぼくせんじ)には

問題にも登場している

墨染桜

墨染桜が咲いています。

平安時代前期、初代関白で知られる

藤原基経(ふじわらのもとつね)が

この深草の地に葬られました。


その際に、上野岑雄が

彼の死を惜しみ

「深草の 野辺の桜し 心あらば 今年ばかりは 墨染めに咲け」

と詠んだんですね


つまり、彼は

『深草に咲く桜よ。お前にも心があり

藤原基経が亡くなり悲しんでいるのであれば

今年くらいは、白やピンクではなく

墨染め(すみぞめ・墨で染めた色で、灰色の事)色に咲いてみよ。』

と言いました。


すると、深草の桜は、彼の言葉通り

墨染めの色に染まったというワケです

※墨染桜のお話について、詳しくは墨染寺の記事をご覧下さい。



という事で本日も4問出題させていただきました。

みなさんは何問正解されましたか?