メモ2014-12-02
テーマ:京の名水
関連:京都御所 / 拾翠亭 / 京都御苑 / 縣井 / 御所三名水 / 

祐井

今回ご紹介するのは

京都御苑内の中山邸跡(なかやまていあと)にある

中山邸跡・祐井

祐井(さちのい)です!


御苑と一言で言っても

とっても広いので

訪れた事がない人にはピンと来ないですよね。


そこで中山邸跡がどの辺りにあるのかを

わかりやすく言いますと・・・


猿ヶ辻

猿ヶ辻


京都御所の鬼門(北東)を守る

『猿ヶ辻(さるがつじ)』のさらに北側に

位置する場所ということになるんですよ

わかりますか??

これでわからなかったら地図を見るしかないと思います


ちなみに猿ヶ辻は

もともと『つくばいの辻』と言われていたんですけれど

夜な夜な悪戯をしていた猿を

猿ヶ辻の猿

金網に閉じ込めたので

その名前が付いたそうですよ。

※猿ヶ辻(さるがつじ)について、詳しくは猿ヶ辻(京都御所)の記事をご覧ください。


さて、そんな祐井は

縣井(あがたのい)、染井(そめい)とともに

御所三名水の1つに数えられています!


京都には名水と呼ばれる井戸が

いくつかありますけれど

ここ御苑の中にもあったんですね~

※京都三名水とは違うので間違えないように注意して下さいね。詳しくは、京都3名水の記事をご覧ください。


こま札

ちなみに祐井のある中山邸跡は

幕末の公家である

中山忠能(なかやまただやす)の邸宅跡なんです。


中山忠能は尊王攘夷思想の持ち主でしたが

後に公武合体派の公家として

皇女和宮(かずのみや)の降嫁を斡旋した人物

ともいわれています

※和宮について詳しくは、粟田神社の記事をご覧ください。


また、岩倉具視(いわくらともみ)らとともに

1867年(慶応3年10月14日)の討幕の密勅(徳川慶喜討伐の詔書)を

書いてもらう事に尽力したといわれ

その詔書には中山忠能の署名もあるそうですよ。


そんな中山忠能の娘の慶子(よしこ)は

孝明天皇(こうめいてんのう)の

典侍(ないしのすけ、またはてんじ・女官)となり

この中山邸で

祐宮(さちのみや)を産みました!!


ん?誰?

と思っている方もいるかもしれませんけれど

誰もが知っている人物なんですよ


日本人で誰もが知っている人物と言えば


シンキングタイム★

・・・

・・・

・・


天皇陛下ですよね♪


そうなんです。

祐宮というのは

後の明治天皇(めいじてんのう)の事なんですよ


明治天皇生誕の地

ですから祐宮というのは

明治期の激動の時代に天皇であられた

明治天皇の幼名の事だったんですね~


そういった事もあって

中山邸跡には今でも

産屋が残されているそうです。


また中山邸には

かつて祐井とは違う別の井戸が

いくつかあったみたいですけれど

それらは全部1853年(嘉永6年)の夏の

日照りのせいで枯れてしまったといわれているんですね


そこで新たに掘った井戸が

今回ご紹介している祐井というわけなんです。


祐井

祐井から清水が湧き出たときは

中山家50人ほどの人が

生き返る思いをしたんだそうですよ。


そりゃそうですよね~

夏に家の井戸が全部枯れていたわけですから

死活問題だったと思います


これを聞いた孝明天皇は

祐井から清水が湧き出た事を

とっても喜んだそうで

井戸の名前を

明治天皇の幼名である祐宮に因んで

祐井と命名したといわれています。


たまにこの祐井を

明治天皇の産湯の井戸と書かれているものがありますけれど

祐井は明治天皇の産湯の井戸ではありませんよ~


なぜなら

祐井は明治天皇の2歳の時に

掘られた井戸だからなんですね。


ちなみに明治天皇はその後

この中山邸で4年間過ごされたそうです♪


残念ながら飲んだりする事は

出来ないんですけれど

御苑を訪れた際には

訪れてみてはいかがでしょうか


そんな祐井の場所はコチラ↓

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 烏丸線 丸太町駅(まるたまちえき)
 京都市営地下鉄 烏丸線 今出川駅(いまでがわえき)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口