メモ2014-04-20
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その290

今回も京都検定の過去問をお届けします。

写真と解説付きですので

問題にチャレンジしてみて下さい。


では1問目です!

【問題】

子孫繁栄を願い、新芽が出るまで古い葉を落とさないとされる葉で包んだ、端午の節句に用いられる菓子は(   )である。

ア.粽(ちまき)

イ.山帰来餅(さんきらいもち)

ウ.さくら餅(さくらもち)

エ.柏餅(かしわもち)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.柏餅


端午の節句(5月5日)は

男子の節句とも言われ

初節句には粽を

2年目以降は柏餅を食べる習わしなんですよ


ちなみに柏を食べる理由は

新芽が出るまで葉を落とさない事から

家系が途絶えないという意味が

込められているそうです。


祇園祭・長刀鉾の粽

長刀鉾の粽

ちなみに祇園祭で使われる粽は

食用ではなく、玄関に吊るして

厄除けに用いるんですよね。

※祇園祭について詳しくは、祇園祭の日程一覧の記事をご覧下さい。


続いて2問目です!

【問題】

北野天満宮・三光門

北野天満宮で、これを撫でると頭がよくなるといわれているのは何か。

ア.神馬

イ.梅の木

ウ.牛の像

エ.燈籠

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.牛の像


北野天満宮と言えば

学問の神様

菅原道真を祀る神社として有名ですよね。

※詳しくは、北野天満宮 その2の記事をご覧下さい。


牛の像は撫で牛と呼ばれ

牛の頭を撫でると頭が良くなり

体の調子が悪い時は

自分の体の悪い部分を撫でてから

牛の像の同じ部分を交互に撫でると

良くなると言われているんですよ


引き続き3問目です。

【問題】

薄くスライスした聖護院かぶを材料にし、良質の昆布で漬けた京都を代表する漬物は何か。

ア.しば漬け

イ.すぐき

ウ.雲母漬

エ.千枚漬

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.千枚漬


千枚漬は

聖護院かぶ(聖護院かぶら)を

3ミリほどの薄さにスライスしたものです。

※昆布や唐辛子、酢、砂糖、みりんを加えて漬けるんだそうです。


1つの聖護院かぶを千枚になるほど

薄くスライスする事から

千枚漬と呼ばれるようになったみたいです


ちなみに聖護院かぶは

聖護院

聖護院

聖護院の地(京都洛北)で生まれたと言われています。

※千枚漬について詳しくは、京の習わし その6の記事をご覧下さい。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答えくださいっ。


【問題】

『古今和歌集』の撰者の一人(   )は、日本で最初の仮名文の日記『土佐日記』の作者としても知られる。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

紀貫之(きのつらゆき)


紀貫之は

平安時代前期に活躍した歌人で

古今和歌集の序文を書いたと言われています。


土佐日記は

土佐(現在の高知県)から京都へ

帰る途中に起きた事を

女性のふりをして書いた

日記なんですよ


ちなみに古今和歌集の序文には

六歌仙(近代の高名な6人の歌人)を挙げていて

その中で唯一

小野小町が女性歌人として名前が記されています。


はねず踊り

隨心院・はねず踊り

絶世の美女と言われた彼女の所へ

深草少将(ふかくさしょうしょう)が

毎晩、通い続けたというエピソードは有名ですよね。

※詳しくは、欣浄寺、はねず踊り 2013(隨心院)の記事をご覧下さい。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?