メモ2013-09-03
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その213

今回は京都検定の過去問を出題したいと思います。

写真と解説付きですので

是非問題にチャレンジしてみて下さいね


では早速1問目です!

【問題】

平安神宮の大鳥居

平安神宮大鳥居の東側に立つ(   )は、昭和天皇の即位の御大典記念として、昭和8年(1933)に開館した。

ア.京都国立博物館

イ.京都国立近代美術館

ウ.京都府京都文化博物館

エ.京都市美術館

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

エ.京都市美術館


京都市美術館は京都市の東

岡崎というエリアにある美術館です。


東京都美術館に次いで2番目の

大規模な公立美術館として設立されました。


1933年に開館した当時の名称は

『大礼記念京都美術館(たいれいきねんきょうとびじゅつかん)』だったそうですよ


続いては2問目です。

【問題】

平安京は大内裏(だいだいり・皇居や官庁のあった場所)を北部におき、朱雀大路で画された(   )の二つの京からなっていた。これらは行政区でもあり、それぞれ「京職(きょうしき)」が設置された。

ア.上京と下京

イ.左京と右京

ウ.上京と左京

エ.下京と右京

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

イ.左京と右京


朱雀大路とは

大内裏(皇居や官庁のあった場所)の正門である

朱雀門から羅城門(らじょうもん・平安京の正門)まで

南北に伸びた道の事です。


京職とは

行政や司法、警察などの事務を扱う役所の事で

左京、右京それぞれの京職を

『左京職』『右京職』と言ったそうですよ

平安神宮

ちなみに平安神宮

大内裏の南中央にあった朝堂院(ちょうどういん・政治の中枢を担っていた建物群)を

8分の5サイズに縮尺し

1895年、平安遷都1100年を記念して建てられました

※詳しくは、平安神宮の記事をご覧ください。


それでは3問目です。

【問題】

醍醐寺の五重塔

醍醐寺五重塔は、(   )時代に建てられた京都府内における現存最古の木造建造物である。

ア.平安

イ.鎌倉

ウ.室町

エ.江戸

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ア.平安

世界遺産にも登録されている醍醐寺は

山科区(京都市の東)にあるお寺で

桜の名所としても、有名なんですよ

※醍醐寺について詳しくは、醍醐寺 その2の記事をご覧ください。


境内にある五重塔は

高さが約13メートルある建物です。


醍醐天皇(だいごてんのう・第60代)を弔う為

第1皇子である『朱雀天皇(すざくてんのう)』が

936年に建て始め

951年、第2皇子である『村上天皇(むらかみてんのう)』の頃に

完成したと言われています。


国宝に指定されている五重塔ですけれど

内部の壁画も同様に、国宝の指定を受けているんですよ

※壁画は日本の密教絵画の源流をなすものといわれているそうです。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答え下さい。


【問題】

東山三十六峰の穏やかな姿を見て、「布団着て 寝たる姿や 東山」と詠んだ江戸時代の俳人は誰か。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

服部嵐雪(はっとりらんせつ)


江戸時代前期の俳人である

服部嵐雪は

松尾芭蕉の高弟(特に優れた弟子)だった人です。

※20歳の頃入門した最古参の1人と言われています。


「布団着て寝たる姿や東山」とは

「流石の京都も冬になると

見るもの全て、悲しくなるよね。

しかし、寒い中でも東山にかかる雪を見れば

冬布団を被って寝ている姿として見えてきて

少し淋しい気もするけれど

なんとなく愉快に思うのです。」

という風に言っているんですね。


東山三十六峰は

別名、東山連峰(ひがしやまれんぽう)とも呼ばれ

京都市の東に連なる

穏やかな山々の事を言うんですよ


東山三十六峰の先端には

延暦寺

天台宗の総本山である

比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)があります。


最澄(さいちょう・平安時代の僧で天台宗の祖)が

作ったお寺として有名ですよね。

※延暦寺に関しては、延暦寺(東塔)延暦寺(西塔)延暦寺(横川)の記事をご覧ください。


という事で今回も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?