メモ2013-06-15
テーマ:祭り・イベント
関連:藤森神社 / 藤森祭 2012 神輿神霊遷(藤森神社) / 藤森祭 2012 藤森太鼓奉納(藤森神社) / 藤森祭 2012 神輿担ぎ(藤森神社) / 藤森祭 2012 駈馬神事(藤森神社) / 藤森祭 2012 神幸祭(藤森神社) / 秋季大祭・火焚祭 2012(藤森神社) / 紫陽花祭 2013 蹴鞠奉納(藤森神社) / 藤森祭 2014 節句祭(藤森神社) / 不二の水 / 御弓始 2016(藤森神社) / 

紫陽花祭 2013 献花・献茶・神楽奉納(藤森神社)

今回ご紹介するのは、京都市伏見区にある

藤森神社にて現在行なわれている・・・

紫陽花祭

紫陽花祭(あじさいまつり)です


境内にある『紫陽花苑』の一般開放に合わせて行なわれる祭で

期間中、蹴鞠など様々な催し物が奉納されます。

※平成元年より行なわれるようになりました。


今回は、その中から6月15日に行なわれた

紫陽花祭『献花・献茶・神楽奉納』をご紹介したいと思います。


藤森神社

まず最初に、藤森神社について簡単にご説明しますと

『勝負事』にご利益があると言われ

競馬ファンから篤い信仰を受けている神社です。


紫陽花苑

境内には2ヶ所の紫陽花苑があり

延べ1500坪の広さに、約3500株もの紫陽花が植えられています。


毎年見ごろの6月に合わせて

紫陽花苑は一般開放され、多くの人が訪れます

苑内には、多くの紫陽花が所狭しと咲き

迷路のように入り組んだ道を回りながら、約40種もの紫陽花を楽しむ事が出来ます

※開苑時間は9時~16時となっています。


今回行なわれる献花・献茶・神楽奉納は

毎年、紫陽花の見ごろとなる6月15日に行なわれ

神様に今年の紫陽花の出来を報告しつつ

氏子町の安全を祈願する神事です


では早速レポートしたいと思います!

10時より神事が行なわれます。

本殿前には神職や巫女をはじめ、献茶をされる着物姿の方や

氏子町の方々などが並ばれていましたよ。

お祓いを行った後、まずは今年咲いた紫陽花を奉納し

続いて献茶が行なわれます。


献茶

本殿前にて、実際にお茶を点てて神前に運びます。


そして、献花、献茶が終わると

神職の方による祝詞(のりと・宣言)が奏上されます。


豊栄の舞

続いて、巫女による神楽

『豊栄の舞(とよさかのまい)』が奉納されます

豊栄の舞は、榊(さかき)や

季節の花を右手に持って舞うのが特徴なんですねっ


そして最後に、参列者の玉串奉納が行なわれ

30分ほどで神事は終了しました。


本日はこの他にも、境内の神楽殿にて

運勢鑑定会が行なわれたり

絵馬舎ではお饅頭(3種類)の販売などもしていましたよ


そんな紫陽花祭の今後の奉納行事は?

と言いますと・・・


・6月16日(日)

11時~藤森太鼓奉納

13時~蹴鞠奉納

14時~神楽奉納

※藤森太鼓については藤森祭 2012 藤森太鼓奉納(藤森神社)の記事をご覧下さい。


・6月22日(土)

13時~琵琶演奏奉納

15時~山城舞楽奉納


・6月23日(日)

11時~居合道奉納

13時~琴演奏奉納

となっています。


紫陽花

ちなみに今年は

紫陽花の開花が少し遅れているようなので

これから見ごろとなります。


是非、各奉納行事に合わせて

足を運ばれる事をおすすめします


そんな藤森神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

『紫陽花祭』の関連イベント

最寄の交通案内

 JR 奈良線 藤森駅(ふじのもりえき)
 京阪電車 京阪本線 墨染駅(すみぞめえき)