メモ2011-04-14
テーマ:お寺
関連:醍醐寺 その1 / 五大力尊仁王会 2012(醍醐寺) / 醍醐寺万灯会 2015(醍醐寺) / 

醍醐寺 その2

こんにちは京子です。

本日ご紹介するのは世界遺産でもある・・・

醍醐寺 その2の入り口

醍醐寺(だいごじ)です

こちらも、京都では人気の花見スポットのひとつです


醍醐寺 その2の桜のアーチ

「醍醐の花見」として知られる醍醐寺は

豊臣秀吉がここで花見を行った事はあまりにも有名ですよね。

秀吉は、ここに息子の秀頼や、正室の北政所(きたのまんどころ)

側室の淀殿ら総勢、1300人を引き連れて宴を行ったんですね。


※これを再現した「豊太閤花見行列(ほうたいこうはなみぎょうれつ)」というお祭りが、毎年4月第2日曜日に開催されています。


醍醐寺 その2のこま札

醍醐寺の始まりはと言いますと

空海の孫弟子にあたる聖宝(しょうぼう)が醍醐山に草庵を作った事に始まります。


この醍醐寺の境内は非常に広く、醍醐山内に200万坪の敷地を誇っています。

「上醍醐」と「下醍醐」と呼ばれたエリアに分かれていて

2つを行き来すると徒歩で1時間はかかるんですよね

本日は、下醍醐をご紹介させて頂きます!!


醍醐寺 その2の仁王門(西大門)

では仁王門(西大門)を潜り

早速、境内へ入ってみたいと思います。


いきなりですけれど

醍醐寺と言えばコレしかないですよね♪


醍醐寺 その2の五重塔

五重塔ですっ

醍醐天皇を弔う為に951年に建てられたものです。

この五重塔は京都最古の木像建築物としても有名なんですよ♪

高さは38メートルもあります。


去年はなんと、13年ぶりに内部も一般に公開されました。

もちろん国宝です


ちなみに、醍醐寺は応仁の乱により

下醍醐の伽藍のほとんどが焼失してしまったのですが

五重塔だけは免れたんですね。


醍醐寺 その2の金堂(こんどう)

金堂(こんどう)

応仁の乱後は五重塔だけが残っていた状態でしたが

秀吉の命令により

紀州(和歌山県)の満願寺から、こちらの金堂が移築されました。


醍醐寺の再建は息子の秀頼にも受け継がれます

※仁王門なども秀頼が再建したものだったんですね。


そして、なんとこの醍醐寺の再建に着手した秀吉が境内に700本もの桜を植えたのです~


醍醐寺 その2の不動堂

不動堂です。堂内には不動明王など5体の明王が安置されています。

醍醐寺 その2の真如三昧耶堂(しんにょさんまやどう)

真如三昧耶堂(しんにょさんまやどう)1997年に建てられたものです。


醍醐寺 その2の桜と五重塔

今では境内に約1000本もの桜が咲いています。

これも、秀吉のおかげですよね~。


枝垂桜やソメイヨシノなど


醍醐の桜は種類が多く

それぞれの桜の開花時期も微妙に違う為

比較的、長い期間に渡り

花見を楽しむ事が出来るんですね


そんな、日本さくら名所100選にも選ばれている

醍醐寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京都市営地下鉄 東西線 醍醐駅(だいごえき)