メモ2016-02-27
テーマ:京都ランチ

松葉(にしんそば)

今回ご紹介するのは

京都市東山区の祗園(ぎおん)にある


松葉(まつば)のにしんそば


松葉(まつば)のにしんそばです!


京都で『にしんそば』の元祖と言えば

南座(みなみざ)にある創業150年以上続く

老舗店『松葉』なんですね~


松葉

松葉


現在では色んな場所で『にしんそば』

食べる事が出来るかと思いますけれど

にしんそばの発祥は、この松葉といわれています

※北海道の江差(えさし)という説もあります。


松葉は、1861年(文久元年)に初代の
松野与衛門(まつのよえもん)が18才の時
歌舞伎(かぶき)を行う伝統的な劇場
南座(みなみざ)の向かいにあった
北座(きたざ)で芝居茶屋を開いたのが
始まりといわれているんですね

※北座は、1893年(明治26年)に、廃業となっています。


南座

南座

北座

北座跡


その後、1882年(明治15年)に
2代目の松野与三吉
(まつのよさきち)によって
『にしんそば』が発案されたそうです


与三吉は、京都で愛されていた鰊(にしん)と

蕎麦を組み合わせるという

とんでもないアイデアを生み出しました


京都は平安京以来

新鮮な海産物を入手するのがなかなか難しかった為

塩鯖(しおさば)や笹かれい、干し鱈(ほしたら)等

魚を干物にする食文化が育まれてきたといいます


松葉の看板

松葉の看板


その後、江戸時代初期に
伊勢国(いせのくに)の度会郡東宮村
(わたらいぐんとうぐんむら:現在の三重県)
出身の豪商、河村瑞賢(かわむらずいけん)が
それまでよりも安全で早
かつ費用がかからない
西廻り航路(にしまわりこうろ)を開くと
蝦夷(えぞ:現在の北海道)で
水揚げされた海産物が
北前船(きたまえぶね)によって
続々と関西に運ばれるようになるんですね~♪


松葉の暖簾

松葉の暖簾


その中に鰊があったというワケです


鰊は、北海道で甘辛く煮て干し

身欠き鰊(みがきにしん)として京都に入り

鰊の姿煮や鰊の棒煮として

大変な名物になったそうですよ


松葉のにしんそば

松葉のにしんそば


そしてその甘辛く煮て干した
身欠き鰊を『かけそば』の上に乗せたものが
松葉の『にしんそば』なんですね


箸でどんぶりの底に敷かれた鰊を

引っ張り出して、端っこの方から食べると

絶妙な甘辛さが口の中で広がり

とっても美味しいんです


鰊はホロホロと崩れ
その鰊を口に残したまま
お蕎麦を頂くと、これまた
不思議と合うんですね~


お土産用のにしんそば

お土産用のにしんそば


ちなみに、鰊は栄養価が高い事でも知られ
鰊に含まれる主な栄養素には
丈夫な骨や歯を作るカルシウム
血液サラサラ効果のあるEPAやDHA
抜け毛や肌荒れにいいビタミンA
血行促進効果が高いビタミンEなどなど


・・・えっ?こんなに!?


こんなにも栄養がギッシリ詰まってるなんてっ

美味しいだけじゃない!

健康や美容にもいいなんて

まさに一石二鳥ですよねっ


という事で今回はにしんそばの元祖

松葉をご紹介しました!


つゆ付き(ストレートタイプ)にしんそば

つゆ付き(ストレートタイプ)にしんそば


にしんそばは、お持ち帰り用も
ありますので、お近くに来られた際には
是非とも京都の味を
味わってみて下さいね


松葉の場所はコチラ↓



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口