メモ2015-08-04
テーマ:神社

鸕鷀神社(うの森神社)

今回ご紹介するのは

京都府舞鶴市の南田辺にある


鸕鷀神社(うのもりじんじゃ)


鸕鷀神社(うのもりじんじゃ)です!


鸕鷀神社は、地元の方には

『うの森神社』『うの森さん』

呼ばれているそうですけれど

本来は鸕鷀神社と書くようで

『鸕』『鷀』も鵜(う)の鳥の事を指し

鸕鷀と言えば、大きな鵜の鳥の事だと思います


石碑


そんな鸕鷀神社は
もともとこの辺りにあった
円満寺村(えんまんじむら)の
氏神だったそうですけれど
天正年間(1573~1592年)に
細川氏が田辺城を築城した際
円満寺村の村民が4軒だけ残して
喜多村(きたむら)に移住させられてから
城内の二の丸にお祀りされる
城内守護神となったそうなんですね


けれど神社のお祭の日には

円満寺村の村民達は城内に入る事を

許されていたそうですよ


説明書き


神社内には今でも

田辺城の石垣が残されています♪


それでは中に入っていきましょう


鳥居

鳥居


こちらの鳥居をくぐると

右手に手水舎(ちょうずや)があって


手水舎(ちょうずや)

手水舎(ちょうずや)


目の前には拝殿が見えています


拝殿

拝殿


拝殿の奥に本殿があり
本殿には鸕鷀草葺不合尊
(うがやふきあえずのみこと)が
お祀りされているそうです


本殿

本殿


神社の説明書きによれば

鸕鷀草葺不合尊をご祭神としたのは

明治になってからではないかと書かれていました


ちなみに鸕鷀草葺不合尊は
初代天皇の神武天皇(じんむてんのう)の
お父さんなんですね~


名前の由来は・・・


母神である豊玉姫神(とよたまひめ)が

急に産気付いたので、鵜(う)の羽根を使って

急いで産屋を作っていたそうなんです


けれど、その産屋の屋根が

葺き終わる前に産まれてきちゃったんですね


それで、鸕鷀草葺不合・・・


となったみたいですよ!


そして拝殿左手には

『蝮除け(まむしよけ) 厄除け 御砂授与』

と、書かれたこま札がありました


『蝮除け 厄除け 御砂授与』と書かれています。

蝮除け厄除け御砂授与と書かれています。


実はここ鸕鷀神社の砂は
マムシ除けの霊験がある事で
知られているんですね


舞鶴に伝わる古い民話によると・・・


この辺りに藁葺き商として暮していた男がいたそうで

ある時、道を歩いていたら

足元に蛇が巻きついていたそうなんですね


蛇が離れようとしないので

そのまま鸕鷀神社まで歩いたそうです。


その時、普通の蛇だと思っていたら
巻きついていたのは実は
毒蛇のマムシだったんですね


これには驚いたと思いますけれど

何を思ったのかその男性

神社の白い砂をマムシにかけたそうです


すると不思議な事にマムシが離れ

神社から出て行ったというんですね~


この事から鸕鷀神社の砂には
マムシ除けの霊験があると広まり
神社の白砂を持っていると
マムシに咬まれる事がないと
信じられているそうです


そのマムシ除けの砂というのが

こちらです!


マムシ除けの砂

マムシ除けの砂


今でも農作業を行う人が

砂を取りにくる事があるそうですよ


そんなマムシ除けの霊験のある

鸕鷀神社の場所はコチラ↓



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口