メモ2015-04-23
テーマ:祭り・イベント

鬼くすべ 2015(宝積寺)

今回ご紹介するのは

乙訓郡大山崎町(おとくにぐんおおやまざきちょう)にある

宝積寺(ほうしゃくじ)で

毎年4月18日に行われている


鬼くすべ


鬼くすべです!


鬼くすべは鬼燻と書き

宝積寺で724年(神亀元年)から続いている

春の大祭で大厄除追儺式の事なんですね~


鬼くすべの看板


そして鬼くすべでは

本堂の扉を閉めて堂内を密閉させ

檜葉(ヒバ)を燃やして

出た煙で鬼をいぶし

さらに弓矢で追い立てて追い払います


※檜葉とは、檜に似た針葉樹の事です。


これは厄を鬼に見立て
追い払う事によって
厄除け、厄払いをしていると
いうワケなんです


そんな鬼くすべが

宝積寺で行われるようになったのは

宮中で行われていた追儺式にならったとも

宝積寺を建てた行基(ぎょうき)が悪霊退散を祈って

始めたともいわれています♪


宝積寺

宝積寺


宝積寺は
724年(神亀元年)に
聖武天皇(しょうむてんのう:第45代天皇)の
勅願によって行基が創建したと伝わり
名前の由来は、聖武天皇が龍神より授かった
打出と小槌を小槌宮(こづちのみや)に
安置しているからだそうです


平安時代には

宝寺(たからでら)とも呼ばれていたそうですよ


それでは早速、レポートしていきましょう♪

※写真は2013年のものになります。


14時頃に宝積寺に到着すると

ちょうど、お祭に参加する方達が

寺務所から出てくる所でした


鬼


山伏や鬼

七福神の格好した方

そして可愛らしい稚児がいましたよ~


稚児

稚児


けれどなぜか本堂とは

反対方向に移動して行きます


仁王門を過ぎると・・・
なんと!扉を閉じるんですね!!


そうなんです!

お祭の始まりは扉を開ける所から始まるんです。


まずは仁王門前で
山伏が法螺貝を鳴らし
お坊さんが般若心経を唱えます♪


仁王門前


お経を唱え終わると

門が開かれて行列の出発です!


行列はお坊さんを先頭に

山伏、赤・緑・黄色の鬼、稚児

裃姿の関係者、そして七福神と続きます


行列


一行が本堂までの100mほどの距離を

法螺貝を鳴らしながら進んで行くんですね


そして本堂の中に到着すると
お坊さんから本堂の扉を閉める事と
煙が充満して息苦しくなります!
と、注意事項の説明がありましたよ


その後、扉が閉められ

用意されていた護摩壇に火がくべられます!!


そして10分もすると・・・


堂内は真っ白!!
お坊さんが言っていた通り結構きます


堂内の様子


写真ではあまり伝わらないかもしれませんけれど

しばらくいたら燻製になってしまいそうなくらいなんです


こうなる事を知っていた方は

マスクやハンカチを用意して

口を塞いでいました


もし来年行こうと思っている方は

マスクやハンカチを持って

行かれる事をオススメします♪


ちなみに、こちらは


鏡餅

鏡餅


本堂の鴨居(かもい)に掛けられている
75個もの数の鏡餅です!

※鴨居とは襖や障子などをはめこむ上側の横木の事です。


どうしてこんな所に鏡餅が

ぶら下げられているのかと言いますと・・・

こうしておけば鬼達が

鏡餅に写った自分達の姿に驚くというわけですね~


さらには自分たちの内面に巣食う

邪気にも怯えるそうなんです


なんだかそう聞くと

ちょっぴり可愛い鬼に思えてきますよね


そして堂内で法要が始まり
しばらくすると加持祈祷が始められます


鬼も改心したのか

おとなしくお加持を受けていました!


鬼が加持を受けている様子


けれど、お加持が終わると・・・


鬼達が再び立ち上がって松明を持ち
本堂から出て行くじゃありませんか!


つまり!鬼達は逃げていったんですね~♪

後を追いかけると仁王門の外まで逃げていきましたよ


鬼くすべの様子は動画でご覧ください。


こうして鬼を退治した後は

皆さんお待ちかねの

餅投げが本堂前で行われて、お祭は終了です


餅投げ


皆さん福餅を嬉しそうに持ち帰られていました~♪


そんな鬼くすべが行われた宝積寺の場所はコチラ↓



イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口