メモ2014-12-15
テーマ:その他

京都三庚申

今回ご紹介するのは

京都三庚申(きょうとさんこうしん)です!


ちなみに庚申(こうしん・かのえさる)とは

干支の1つで60日に1度巡ってくる日の事なんですよ。


そして、その庚申の日の夜になると

人の中にいる『三尸虫(さんしちゅう)』という虫が

寿命を司る神様(天帝・てんてい)に

悪行を報告しに行くといった信仰があるんですね。


そのため庚申の日には

寝ずに徹夜をする

庚申待(こうしんまち)を行うそうです


という事で今回は

庚申信仰と深い関わりのある

『京都三庚申』と呼ばれる

3つの庚申堂をご紹介します


猿田彦神社(さるたひこじんじゃ)

猿田彦神社

場所:京都市右京区山ノ内荒木町3


猿田彦神社

平安時代、伝教大師(でんぎょうだいし)最澄(さいちょう)が

猿田彦大神をお祀りした事が始まりで

後に嵯峨天皇(さがてんのう・第52代天皇)が

社殿を整えたといわれているんですね。

※最澄について詳しくは、延暦寺(東塔)の記事をご覧ください。


ちなみに創建当初は

現在の場所よりも少し北にあったようです


その後、1885年(明治18年)の時に

現在地へと移ってきました。


楠

境内には

『右京区・区民の誇りの木』に指定されている

庚申楠(こうしんくす)と呼ばれる

御神木の楠(クスノキ)があり

樹齢はなんと!700年以上なんだそうですよ。


そんな猿田彦神社

通称・山之内庚申(やまのうちこうしん)とも呼ばれ

京都三庚申の1つに数えられています


■尊勝院(そんしょういん)

尊勝院

場所:京都市東山区粟田口三条坊町70


尊勝院は

保延年間(ほうえんねんかん)(1135~1141年)に

陽範(ようはん)という阿闍梨(あじゃり・徳の高い僧)が

比叡山横川に尊勝坊を建てたのが始まりなんだそうです。


その後、1915年(大正4年)に

現在地に移ってきたといわれているんですよ。


また境内には米地蔵(よねじぞう)と呼ばれる

お地蔵さんが安置されています


お地蔵さんの名前の由来は

胎内に籾粒(もみつぶ)が納められていた事や

お地蔵さんがお米を持って現れ

貧しい女性を救ったという話に

よるんだそうですよ。


そんな尊勝院は

通称・粟田口庚申堂(あわたぐちこうしんどう)とも呼ばれ

京都三庚申の1つに数えられているんですね~


八坂庚申堂(金剛寺)(やさかこうしんどう(こんごうじ))

八坂庚申堂

場所:京都市東山区下河原町八坂鳥居前下4丁金園390-1


八坂庚申堂は

正式名称を金剛寺という

日本で最初の庚申信仰の霊場といわれています。


つまり!

庚申信仰発祥の地というワケなんですね~


ですから八坂庚申堂は

今回ご紹介している京都三庚申どころか

日本三庚申の1つに数えられているんですよ


石碑

そんな八坂庚申堂は

平安時代、比叡山の山伏・呪術僧として知られている

浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)が

庶民の人でも気軽にお参りできるようにと

庚申堂を建てたのが始まりといわれています。


ちなみに浄蔵貴所は

祇園祭の山伏山(やまぶしやま)の御神体でも

あるんですよ

※詳しくは、祇園祭 山伏山(八坂神社)の記事をご覧ください。


という事で今回は京都三庚申をご紹介しました。

京都三庚申の詳しい場所はコチラ↓