メモ2014-12-10
テーマ:京の名水
関連:御香宮神社 その1 / 七種神事 2012(御香宮神社) / 御香宮神社 その2 / 神幸祭 2012 花傘総参宮(御香宮神社) / 例祭 2015(御香宮神社) / 

御香水

今回ご紹介するのは

京都市伏見区

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)境内にある

御香水

御香水(ごこうすい)です!


御香水は伏見七名水(ふしみしちめいすい)の

1つに選ばれている伏見の名水なんですよ!


伏見と言えば

京都でも名水の多い場所として有名なんですけれど

その中でも7つを選んだのが

この伏見七名水です


ちなみに江戸時代に刊行された地誌

『山城志(やましろし)』では

石井(いわい)

春日井(かすがい)

苔清水(こけしみず)

白菊井(しらぎくい)

竹中清水(たけなかしみず)

田中清水(たなかしみず)

常盤井(ときわい)が

『伏見七つ井』として紹介されています。

※御香水は山城志では石井として紹介されています。


けれど現在

春日井と苔清水は

残念ながら存在していないんですね


そこでこの伏見七つ井に

新たに2つを加えた現代版とも言えるのが

『伏見七名水』なんだと思います♪


ちなみに伏見という地名は

もともと伏水(ふしみず)といって

良質な伏流水(地下水)が豊富にある事が

由来と言われています。


その伏水がだんだん訛って・・・


ふしみずふしみずふしみず

ふしみふしみふしみ


となったんですね~。


このように伏見は

豊富な地下水のある場所という事もあって

お酒の醸造が盛んで

酒所としても有名なんですよ!

お酒造りには豊かな水が必要不可欠というワケですよね。


説明書き

さて、そんな伏見の御香宮神社にある御香水は

平安時代の862年(貞観4年)9月9日に

この場所で湧き出したそうなんですけれど

その時、とっても良い香りがしていたそうなんです


また香りが良いだけでなく

病気の人にこの清水を飲ませると

たちまちのうちに病気が治ったと伝わっています♪


その事から清和天皇(せいわてんのう・第56代天皇)より

御香宮の名を賜ったそうです。


御香宮神社

つまり御香宮神社の名前は

この御香水が湧き出たからという事になりますよね~


また日本名所風俗図絵(地誌)にも

御香水の事が載せられているんですよ


なんでも猿使いが御香宮神社へ来た時には

既に息も絶え絶えだったそうなんですけれど

その事を察したのか

飼われていた猿が御香水をすくい

猿使いの口に注いだといわれています


その後、猿使いは

夢中で御香水を飲みあさると

無事!蘇生したそうなんですよ!


きっと普段から可愛がられていたんでしょうね


また尾張徳川家の祖である

徳川義直(とくがわよしなお・家康の九男)や

紀州徳川家の祖である

徳川頼宣(とくがわよりのぶ・家康の十男)は

この境内に沸く御香水を産湯として使ったと言われています。


ちなみに御香水は

明治時代に一度枯れたそうなんですけれど

1982(昭和57年)の春に復元されると

1985年(昭和60年)に

環境庁の名水百選の1つに選ばれたんですよ


お近くにこられた際には

是非ともお立ち寄りになってみては

いかがでしょうか♪


そんな御香水のある御香宮神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 京阪電車 京阪本線 伏見桃山駅(ふしみももやまえき)
 近鉄電車 京都線 桃山御陵前駅(ももやまごりょうまええき)
 JR西日本 奈良線 桃山駅(ももやまえき)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口