メモ2013-10-21
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その228

今回も京都検定の過去問をご紹介します。

写真と解説付きですので

問題にチャレンジしてみて下さいね


では1問目です。

【問題】

京都の美しさを表現した「山紫水明(さんしすいめい)」を書斎の名称に用いたのは(   )である。

ア.角倉了以(すみのくらりょうい)

イ.新宮涼庭(しんぐうりょうてい)

ウ.頼山陽(らいさんよう)

エ.佐久間象山(さくましょうざん)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.頼山陽


頼山陽は江戸時代後期の儒学者で

歴史や文学だけでなく美術など

様々な分野で活躍したと言われています。

※山紫水明とは自然の景色が美しいという意味です。


彼の没後に出版された

『日本外史(にほんがいし・全22巻)』は

ベストセラーとなり

幕末から明治時代初期の人々に

大きな影響を与えたと言われています


内容は武士を中心に描いた歴史書で

源氏平氏の活躍した平安時代から

江戸幕府10代将軍・家治までの長期間に及ぶものなんですよ。

頼山陽の墓

長楽寺には彼のお墓が建てられています。

※長楽寺については長楽寺 その1長楽寺 その2をご覧下さい。


続きまして2問目です。

【問題】

若狭湾で獲れるアカアマダイは(   )と呼ばれ、京料理の高級食材として使われる。

ア.あご

イ.がしら

ウ.ぐじ

エ.のどぐろ

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.ぐじ


ぐじとは

皮が薄いピンク色をした白身魚で

若狭で獲れるぐじは

『若狭ぐじ』とも言われています。


頭部がへこんでいるように見える事から

『屈頭魚(くつな)』と呼ばれていたのが

『くつ』『ぐつ』『ぐづ』と訛って

『ぐじ』になったそうですよ


ちなみに若狭湾は

福井県西部から京都府北部にかけて

日本海が深く入り組んで出来た湾の事で

日本3景として有名な

天橋立

天橋立も含まれているんですよ。


引き続き3問目です。

【問題】

「因幡薬師(いなばやくし)」として知られる(   )は、「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」の歌を詠んだ中納言行平(ゆきひら)が薬師如来を祀ったことに始まる。

ア.行願寺(ぎょうがんじ)

イ.平等寺(びょうどうじ)

ウ.引接寺(いんじょうじ)

エ.頂法寺(ちょうほうじ)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

平等寺

イ.平等寺


平等寺は

橘行平(たちばなのゆきひら・第30代天皇、敏達天皇の皇子)の邸宅跡に

建てられたお寺です。

※通称『因幡堂』として親しまれています。


本尊である『薬師如来立像』は

因幡の国(現在で言う所の鳥取県)へ出掛けていた橘行平が

神託を受け、海底から拾い上げたと言われているんですよ

※平等寺について詳しくは、平等寺 その1平等寺 その2の記事をご覧下さい。


ちなみに

「立ち別れ いなばの山の 峰に生ふる まつとし聞かば 今帰り来む」

を訳してみると

「お別れして因幡の国へ行きますが、いなば山の峰に生えている松のように、あなたが私の帰りを待つと聞いたなら、直ぐにでも都に帰ってきましょう。」

という事みたいだそうですよ。


では最後の問題です。

1級からの出題になりますので、選択肢ではありません。

ズバリでお答えください!

【問題】

江戸中期の扇絵師で、斬新なデザインによる彩色を考案し、今日の高級手描き染色の基礎を築いたとされるのは誰か。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

宮崎友禅


宮崎友禅は

染色技術として有名な

『友禅染』の創始者と言われているんですよ


謎の多い人物で

初めて文献に登場するのは

井原西鶴(いはらさいかく・江戸時代前期の俳人であり作家)の

好色一代男(こうしょくいちだいおとこ・全8巻)で

京都で評判の扇絵師として登場し

「友禅扇子を持たない人はお洒落ではない」

という記述があるそうです。


ちなみに住居は

知恩院

除夜の鐘で有名な知恩院前に

構えていたと言われています。

※知恩院については、知恩院 その1知恩院 その2除夜の鐘試し撞き 2011(知恩院)をご覧下さい。


という事で本日も4問出題させていただきました。

皆さんは何問正解されましたか?