メモ2013-04-28
テーマ:祭り・イベント

筒川祭 2013(上山神社)

今回ご紹介するのは、上山神社(うえやまじんじゃ)で行なわれた

筒川祭

筒川祭(つつかわまつり)です


京都府北部・丹後半島の山間部に位置する

上山神社

伊根町筒川地区にある上山神社の祭で

『菅野の神楽(すがののかぐら)』が奉納される祭りです。

※上山神社の例祭の日にあたる事から、祭神に対し神楽が奉納されるんですね。


京都府の無形民俗文化財にも指定されている菅野の神楽は

現在12の演目が伝承され

中でも『和唐内(わとうない)』と呼ばれる

演目が見どころの1つとなっています

※和唐内については後ほどご説明させていただきます。


では早速、4月28日に行なわれた筒川祭をレポートしたいと思います

神楽を舞う地元の方々が集まる中

10時少し前から、本殿前にて神事が行なわれます。

※筒川祭が行なわれる古社・上山神社に関して、起源などの詳細な資料は残されていませんが、少なくとも室町時代初期には、すでにあったとされています。古くから地元の氏神社として、村の人々から崇敬を受けているようです。


祝詞(のりと・宣言)の奏上や

玉串(たまぐし・神様に奉げる榊の枝)奉奠などの神事が終わると

本殿前に飾られていた花

本殿前にて『菅野の神楽』が奉納されます。

※獅子による1番最初の演目『岡崎』は神事の始まる前に行なわれていたようです。残り11演目が10時より2時間かけて行われます。


ちなみに、出演者の皆さんは全員地元の方のようで

約15人ほどが入れ替わりで演目を披露します。


菅野の神楽についてもう少し詳しく説明しますと

1665年に、尾張国(おわりのくに・現在の愛知県)より

この地にやって来た井戸掘り職人より伝えられた演舞(踊り)と

言われています

※当時、上山神社に婿にやって来た人物が、酒造りを始めるにあたり、井戸を掘らせる為に呼び寄せたそうです。


それから約300年以上もの間

地元の方に代々受け継がれ、筒川祭にて披露されるんですね。

※かつては全部で13演目あったそうですが、現在12演目が継承されています。


太鼓と笛によるお囃子が鳴り響く中

様々な演目が披露されました


神楽

『神楽』

獅子が、両手に鈴や御幣を持って登場し舞います。


剣の舞

『剣の舞』

剣を口に加えて獅子が舞います。

途中で剣を抜き取り威勢よく演舞します。


花の舞

『花の舞』


『神楽』『剣の舞』『花の舞』までの様子はこちらからご覧ください。


お染の舞

『お染の舞』

獅子が再び立ち姿となり

左手に菅笠(すげがさ・竹や檜で作られた帽子)

右手に扇子を持ち『お染の唄』に併せて

舞を披露します

※お染の唄は、歌舞伎の題材にもなった『お染久松』に関する唄です。油屋の『お染』と、住み込みで働いていた『久松』の心中事件に基づくものです。


玉の舞

『玉の舞』

獅子が玉とじゃれあったり、口に咥えたりしながら

愛らしく舞います。


天狗の舞

『天狗の舞』

天狗と獅子による演目です。

天狗役は子供が演じています。

かつては、こうした神楽を踊れる子供は嫡男(長男)だけ

という厳しい取り決めもあったそうですけれど

現在では、分け隔てなく参加出来るようになったみたいですよ


『お染の舞』『玉の舞』『天狗の舞』まではこちらの動画をご覧ください。


法螺の舞

『法螺の舞』


両剣の舞

『両剣の舞』

再び、立ち姿になった獅子は

両手に剣を持ち、勢いよく振り下ろしながら

しなやかに剣をさばきます。


お亀女郎

『お亀女郎』

ひょっとこが、お亀を口説く演目です。

「床入りしようではないか~!」などの

ちょっと大胆な口上を読み上げながら、舞を踊ります。

こうしたユニークなものも入っているのも

面白いですね


ちなみに、ひょっとこが手にしているのは

『ささら』と呼ばれる楽器です。

ささらには、多くの種類があるそうですが

こちらは2本の木をすり合わせて鳴らす

『すりざさら』というものみたいですよ。

※ささらは、天狗の舞でも一部使われていましたよ~。


『法螺の舞』『両剣の舞』『お亀女郎』まではこちらの動画をご覧ください。


和唐内

『和唐内』

数ある演目の中でも、見どころの1つと言えるのが

こちらの和唐内です。

和唐内とは、近松門左衛門の『国性爺合戦(こくせんやかっせん)』という 歌舞伎の演目に登場する主人公の名前です


これは実在した『鄭 成功(ていせいこう)』を元に描かれたお話で

彼は中国人の父親と、日本人の母親をもつハーフであり

『日本(和)でも中国(唐)でもない(内)』という意味から

歌舞伎の中では『和唐内』と名付けられたようです。

※鄭 成功は『鄭氏政権』の祖と言われる人物で、1600年代後半、清によって滅ぼされようとしていた明を助け、台湾に亡命政権を作りました。彼は日本で生まれ、7歳にして中国へと渡ったそうですよ。


ちなみに、菅野の神楽が伝わったとされる

1665年には国性爺合戦(1715年)は上演されていないので

和唐内に関して『菅野の神楽』がこの地に伝わった後で

追加された演目である可能性が高いと言われています。

※同様にお染の舞のモチーフになった、お染と久松による心中事件も1710年に起こっていますので、これも後に加えられた演目であると考えられています。


ちなみに歌舞伎『国性爺合戦』では

和唐内が中国にて寅を退治などをするシーンがあるそうですよ


菅野の神楽の『和唐内』では

寅の代わりに獅子を生け捕りにするお話です。


主人から獅子の生け捕りを命じられた和唐内が

薬屋から妙薬を手に入れ、獅子をおびき出し

退治し、見事に生け捕りにするお話で

獅子の上に乗っての口上や独特の掛け声が見どころです。

※この和唐内と獅子の戦いは、様々な口上のバリエーションがあるようで、全国的な演目として広がっているそうですよ。


この後も演目は続き

棒振り

『棒振り』


小太刀

『小太刀』


太刀振り

『太刀振り』


が行なわれました。

子供からお年寄りの方までが

参加しての演目で、最後は締めくくられました


『和唐内』『棒振り』『小太刀』『太刀振り』までの動画はこちらからご覧ください。


そんな筒川祭が行なわれた上山神社の場所はコチラ↓


大きな地図で見る


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口