メモ2012-02-29
テーマ:カフェ・スイーツ

長楽館

こんにちは京子です!

さて、本日ご紹介するのは

長楽館

長楽館(ちょうらくかん)です。


ひときわ目を引くこちらの洋館は

かつて

明治期の実業家で『煙草王』と言われる

村井吉兵衛(むらいきちべえ)の別邸だったんですね

銅版

まず最初に

村井吉兵衛について簡単にお話しますと

・1864年(文久4年)京都の煙草商の次男として生まれる。

・1890年(明治23年)日本初の両切り紙巻タバコ『サンライス』を発売。

・1894年(明治27年)両切り紙巻タバコ『ヒーロー』を発売。

・1900年(明治33年)『ヒーロー』がパリ万国博覧会で金賞を獲得!

・1904年(明治37年)『ヒーロー』が国内生産日本一を記録。

以後、煙草産業が民営から国家による専売制に切り替えられ

吉兵衛は莫大な補償金を手にしたと言われています


彼はその後、銀行や印刷会社などを設立し事業を拡大するんですね~。

そして、丁度この時期に建設が始まったのが

カフェ・レストラン 長楽館

長楽館だったのです。

設計は米国人建築家のJ.M.ガーディナー。

彼によりヨーロッパの様式が組み込まれます。

建設を行ったのは清水満之助(後の清水建設)でした。


5年の歳月をかけて作られた長楽館は、竣工直後から

迎賓館として利用され、華やかな集いの場となりました。

当時は鹿鳴館(ろくめいかん・政府によって東京に建てられた洋館の社交場)と並び

日本を代表する迎賓館だったそうです。


まさに近代日本の象徴と言っても過言ではないですね~


ちなみに、どんな人物が訪れたのかと言いますと

日本人では初代総理大臣であった伊藤博文を始め

山県有明、大隈重信、西園寺公望など。

国外だと、イギリス皇太子やアメリカ副大統領、大財閥ロックフェラーまで


中でも伊藤博文は『長楽館』の名付け親でもあるんですよね

完成直後、彼が木戸孝允(桂小五郎)の墓参りの為

この館に滞在した時の事です。


窓からの景色を見た伊藤博文は

「この館に遊ばば、其の楽しみやけだし長(とこし)へなり」と詠い

『長楽館』という名を付けたそうです。

※建物の2階には伊藤博文直筆の『長楽館』と書かれた扁額ともあるそうですよ~。


ホテルも完備

100年の歴史を持つ『長楽館』

現在は、喫茶・レストラン・ホテルを完備しています。


店内の調度品の中には

当時、西洋から輸入したものが多数残され

インテリア好きな方にはたまらないのではないでしょうか

※現在、建物を含む調度品30点が京都市の有形文化財に指定されています。


京子も中でコーヒーをいただきましたけれど

豪華な内装で、数々の調度品と吹き抜けの高い天井

暖炉なども完備されていて、ゴージャスな雰囲気がたまりません~。

まるでタイムスリップしたかのようです


スタッフの方もとても丁寧な対応で

満足出来る事、間違いナシですよ


大ヒット煙草『ヒーロー』

※店内のマッチです。パッケージのデザインは大ヒット煙草『ヒーロー』と同様のものです。


ちなみに、場所は円山公園内にありますので

徒歩で八坂神社や清水寺・高台寺・霊山護国神社などにも参拝可能です。


一緒に回れば、平安時代から明治時代までを味わえ

古都京都ならではの楽しみ方が出来るのではないでしょうか


そんな長楽館の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

1 ■ごあいさつ

京子さん、おはようございます、お久しぶりですね、いつも京都散策の折、拝見するを楽しみにして言います、ありがとうございます、この長楽舘現在の所有者は、京都女性実業家だそうですね
ここで、音楽を聞きながら飲むコーヒーは、格別ですね、ではでは

まーくんさん 2012-03-01 08:56:16

2 ■Re:ごあいさつ

>まーくんさん
お久し振りですヾ(@^▽^@)ノ
京都散策のおともにして頂いて有難うございます♪

現在の所有者は、女性実業家の方なのですねヽ((◎д◎ ))ゝ
私も将来、実業家に・・・( ´艸`)

京子 2012-03-01 21:07:54