メモ2015-10-19
テーマ:祭り・イベント
関連:炬火祭 2015(三栖神社御旅所(金井戸神社)) / 

秋季大祭 還幸祭 2015(三栖神社)

今回ご紹介するのは

京都市伏見区の三栖(みす)にある

三栖神社(みすじんじゃ)で行われた


三栖神社秋季大祭の還幸祭(かんこうさい)


秋季大祭の還幸祭(かんこうさい)です!


三栖神社秋季大祭の還幸祭は

『おかえり』と呼ばれ

1週間前に行われた『おいで』と呼ばれる

神幸祭(しんこうさい)と

セットになっているお祭です


ちなみに神幸祭では

壬申の乱(じんしんのらん)にちなんだ

『炬火祭(たいまつまつり:きょかさい)』

行われる事でも知られています

※炬火祭について詳しくは、炬火祭 2015(三栖神社御旅所(金井戸神社))の記事をご覧下さい。


炬火祭(たいまつまつり:きょかさい)

炬火祭(たいまつまつり:きょかさい)


還幸祭では、神様の乗ったお神輿が
三栖神社御旅所である
金井戸神社(かないどじんじゃ)から
氏子町を回って、三栖神社まで巡行し
再び氏子町を回って金井戸神社へと
戻ってくるというものなんですよ!


それでは早速レポートしていきましょう

※写真は過去のものを使っています。


午前7時頃、三栖神社御旅所の

境内にやってくると

2体の大きな獅子の頭

『神獅子(かみじし)』を担ぐ方達が

集まっておられました!


皆さん日曜の早朝だというのに

早起きで気合十分です!


お祓い

お祓い


しばらくするとお祓いが行われ

神獅子の巡行が始まります


神獅子は
「あーよいよいよ!あーよいよいよ!」
という大きな掛け声とともに
氏子町を練り歩くんですよ~!


神獅子の巡行

神獅子の巡行


ちなみに神獅子は

神様の御霊が乗ったお神輿の巡行前に

道を清める露払いの意味が

あるんだと思います


そんな神獅子は途中

通行人や家の外に出てこられた方達を

大きな口を開いて噛んでいました


これは神獅子に噛まれると

賢くなる!と

いわれているからなんです


また、写真は無いんですけれど
二階建てと呼ばれる
神獅子を肩車して巡行する凄いものも
行われていたんですね~!


この二階建ての巡行の時は

お神輿を担ぐ際に行われる

差し上げも行われたりして

はっきり言って

盛り上がります!!!


お神輿のお祓い

お神輿のお祓い


そして午後13時半頃には
稚児行列(ちごぎょうれつ)が出発し
その後、14時頃になると
お神輿の担ぎ棒に取り付けられた
カシャンカシャンと音の出る
鳴閂(なりかん)を鳴らす
『かん鳴らし』が始まります!


かん鳴らし

かん鳴らし


「ほいっとーほいっとー」

掛け声とともに鳴閂を上下に振りながら

かん鳴らしが行われるんですね


かん鳴らしは、子供達もやっていて

とってもかわいらしかったですよ~

将来のお神輿を担ぐ担い手の姿に

皆さん暖かい声援を送っていました


その後、鳴閂をお神輿の
担ぎ棒に取り付けたら
いよいよ神輿渡御(みこしとぎょ)です!


神輿渡御(みこしとぎょ)

神輿渡御(みこしとぎょ)


お神輿が出る時には

触れ太鼓も鳴らされて

盛大に送り出されました


そして約2時間かけて氏子町を回り
16時半頃、三栖神社に到着
三栖神社の本殿前に
10分程お神輿を安置します


三栖神社に到着

三栖神社に到着


その後、再びお神輿を担ぎ

氏子町を回って

三栖神社御旅所へ20時頃に

戻ってくるんですね~


三栖神社御旅所に戻ってくる様子

三栖神社御旅所に戻ってくる様子


御旅所境内では
お神輿の差し上げが行われ
クライマックスを向かえ
大いに盛り上がっていましたよ~♪


お神輿の差し上げ

お神輿の差し上げ


という事で今回は三栖神社の秋季大祭

還幸祭をご紹介しました~


三栖神社の場所はコチラ↓