メモ2014-06-08
テーマ:京都検定

京都検定過去問 その303

本日は京都検定の過去問を

写真と解説付きでお届けします。

是非チャレンジしてみて下さいね


では1問目です。

【問題】

先斗町(ぽんとちょう)は、「先端」を意味する(   )語からつけられたといわれている。

ア.オランダ

イ.スペイン

ウ.ポルトガル

エ.フランス

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.ポルトガル


先斗町は

京都を代表する河川である

鴨川の西側にある花街の事なんです。


先斗町の語源にはいくつか説があるんですけれど

一番有力なのが

ポルトガルの『先端(ponto)』から

名付けられたと言われています

※詳しくは、京のユニークな地名 その1の記事をご覧下さい。


臼大明神

臼大明神

ちなみに先斗町には

狸が寝床にしていたという伝承のある

臼大明神(うすだいみょうじん)と呼ばれる祠があるんですよ。

※詳しくは、臼大明神の記事をご覧下さい。


続きまして2問目です。

【問題】

鎌倉時代、幕府が京中四十八ヶ所の辻々に設置した、治安維持のための施設はどれか。

ア.京職(きょうしき)

イ.検非違使庁(けびいしちょう)

ウ.篝屋(かがりや)

エ.京都所司代(きょうとしょしだい)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.篝屋


篝屋は、1238年

九条頼経(くじょうよりつね・第4代将軍)により

設置されたと言われています。


京の十字路ごとに設置したのが始まりで

1240年には鎌倉にも設置されたそうですよ。


近藤勇の銅像

壬生寺にある新選組の局長『近藤勇(こんどういさみ)』の銅像

ちなみに幕末の頃

京都の治安維持に務めていた組織はというと

皆さんもご存じ

新選組ですよね

※新選組について詳しくは、新選組ゆかりの地巡りの記事をご覧下さい。


続いては3問目です。

【問題】

二条城

寛永3年(1626)、大御所徳川秀忠(とくがわひでただ)と将軍徳川家光(とくがわいえみつ)が上洛して、二条城に天皇を迎えた。その天皇は誰か。

ア.正親町天皇(おおぎまちてんのう)

イ.後陽成天皇(ごようぜいてんのう)

ウ.後水尾天皇(ごみずのおてんのう)

エ.明正天皇(めいしょうてんのう)

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】

ウ.後水尾天皇


後水尾天皇は

第108代天皇で

後陽成天皇の第3皇子です。


この時、後水尾天皇を迎えるため

大改修されたのが

現在の二条城の規模となっているそうですよ


ちなみに江戸時代を代表する山荘

修学院離宮(しゅうがくいんりきゅう)は

後水尾天皇が造営したとして有名ですよね。


最後は1級からの出題となるので

選択問題ではありません。

ズバリでお答え下さい!

【問題】

舞妓の髪には、毎月決まった花簪(はなかんざし)を挿すしきたりがあるが、10月には(   )の花簪を挿すことになっている。

答えは↓にスクロールして下さい。

シンキングタイム★

・・・

・・・

・・

では、答えですっ。

【答え】


花簪は月ごとに

季節や歳時を表すものを

挿すしきたりがあるんですよ。


ちなみに1年目の舞妓さんには

花簪の下に

『ぶら』と呼ばれるものが付いているんだそうです


また各月ごとに挿す

かんざしの代表的なものは・・・

稲穂のかんざし

1月『松竹梅(1月15日までは稲穂)』

2月『梅』

3月『菜の花』

4月『桜』

5月『藤』

6月『柳』

7月『団扇』

8月『ススキ』

9月『桔梗』

10月『菊』

11月『紅葉』

そして

12月『(顔見世の)まねき』

となっています。

※まねきとは、役者の名前が書かれた看板の事なんですよ。詳しくは、まねき上げ 2012(南座)の記事をご覧下さい。


という事で本日も4問出題させていただきました!

みなさんは何問正解されましたか?