メモ2012-03-08
テーマ:お寺
関連:平等寺 その1 / 

平等寺 その2

こんにちは京子です!

現在、京都では『京の冬の旅』と題して様々な寺院で

非公開文化財が特別公開されています

その中から

今回、京子がご紹介するのは

平等寺

平等寺(びょうどうじ)の本尊である

薬師如来立像

薬師如来立像です。

頭巾をかぶった印象的な姿をしていますよね♪

普段は非公開のご本尊が現在公開中(3月18日まで)なんです。

※実物の写真撮影はNGでしたので、看板の写真でご了承下さい。


こま札

さて、通称『因幡薬師』で知られるこちらのお寺は

橘行平(たちばなのゆきひら)の邸宅後に建てられました。

因幡の国(現在で言う所の鳥取県)へ出掛けていた行平が

海の底から拾い上げたというのが

本尊である『薬師如来立像』だと言われています

※詳しくは平等寺 その1の記事をご覧下さい。


非公開文化財特別公開、平等時看板

ちなみに、どうして頭巾を被っているのかと言いますと

頭を傷つけない為というのが理由みたいですね~


その昔は、度々火災に見舞われたそうで

素早くご本尊を持ち出す為に

厨子(ずし・薬師如来の入った仏壇)ごと運び出していたそうです。

この時に本尊の頭がこすれて傷付かないように、常に頭巾を被せておいた事が理由なんですね。


つまり、ご本尊の薬師如来は・・・

いつでも運び出せるスタンバイをしてるってワケ

※平等寺の薬師如来は日本三如来の一つです。他の二つは、善光寺(長野県)の阿弥陀如来像と嵯峨釈迦堂(清凉寺)の釈迦如来像です


特別公開の期間中だけ移動させている場所です

薬師如来立像は普段は本堂にあるそうですが、特別公開の期間中だけこちらの建物に移動されていました。


そして、この他にも様々な寺宝が公開されているんですよ。

それが・・・

(・∀・)ノ高倉天皇が寵愛した小督局(こごうのつぼね)ゆかりの品々です。

ちなみに、高倉天皇は

平清盛の娘『徳子(とくこ)』の旦那さんでもあります。

つまり安徳天皇のお父さんですね


小督局の方が、徳子よりも先に子供(後の範子内親王)を

出産した事から清盛の怒りを買ってしまいました。

※清盛としては娘の徳子に皇子を産ませるのが狙いでしたので、先をこされると思ったんでしょうね。


これが理由で、彼女は出家させられ

生涯を終えたと言われています。



ちなみに因幡薬師では

どんな寺宝があるのかと言いますと

1.小督局の琴

2.小督局の硯筥(すずりばこ)

3.小督局の髪が織り込まれた光明真言(こうみょうしんごん)

です。

3番目の寺宝に関してご説明すると

光明真言(こうみょうしんごん)とは真言宗のお経のひとつで

『オン・アボキャ・ベイロシャノウ・マカボダラマニ

ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウン』

という23文字からなる言葉です。

※梵語(サンスクリット語)をそのまま音写したものです。


彼女の髪の毛が織り込まれた経典に

光明真言が書いてあるんですね



彼女が出家させられた際に

剃髪した髪で作られたものだそうです。

彼女の悔しさが込められた、経典は

見るだけで考えさせられましたね。


そんな寺宝が見られる平等寺の場所はコチラ↓


大きな地図で見る

最寄の交通案内

 市バス 5・26・43系統 烏丸松原(からすままつばら)


イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口