メモ2010-05-11
テーマ:カフェ・スイーツ

さらさ西陣

こんにちは、京子です

みなさん、お風呂は好きですか

京子は大好きです


でも、なかなか銭湯に入る勇気はありません…


だって恥ずかしいんですもん

そんな私が唯一、入れる銭湯

いえ…もとい!


築80年の銭湯を改造しちゃった京都の有名カフェ


さらさ西陣の概観

そうです

さらさ西陣

場所はというと、お店の名前にもなっている通り、京都、西陣近くなのですが


住所は

京都市北区紫野東藤ノ森町

という所です


ん?紫野!?

はい、読み方は紫野(むらさきの)と読むそうです★


紫といえば、


そうです、聖徳太子が制定した

冠位十二階(身分を12に分けた制度)で分かりやすいように

帽子(冠)に色をつけたんですよね


そのトップの身分(クラス)が紫色で

この、さらさ西陣のある場所、紫野も

天皇と何か関係があるに違いない!

と調べてみると…


平城京から、平安京に都が移された際

当時、この場所には「紫草」がという花が生えており

辺り一面、紫の草花で覆いつくされていたそうです。


それを天皇や貴族が身につけるものの

染料として使われたり

桓武天皇を始め、狩の場にも使われていたと言われていたそうです


やはり、紫という言葉には

そういったキーワードが隠されているのですね~

さらさ西陣の看板

さて、話は戻りまして

その紫野に構えるカフェ「さらさ西陣」


さらさ西陣のユニークなロゴマーク

元銭湯を改造したというだけあって

ユニークなロゴマークで遊び心たっぷりですね

入り口に圧倒されながら、いざ中へ~


入る前は最初、建物の外壁だけを残して

中は全部リフォームされているのかなと思っていたのですが…


開けてビックリ!!

入ってビックリ!!

さらさ西陣の開けてビックリ!!入ってビックリ!!

この壁わかりますか!??


そうなんです、丁度ここが男湯と女湯を仕切っていた

壁なんですよね


そして、高い天井からは

温かい日差しが降り注いでいます


なんと、店内も当時の銭湯の面影が

随所に残されているんです


さらさ西陣の番台や、トイレが絶妙な配列で配置

他にも番台や、トイレが絶妙な配列で配置されていて

当時、銭湯として活躍していた様子が

すぐにイメージ出来ちゃいます。

さらさ西陣のメニュー

さて、いよいよメニューを拝見して京子はコーヒーをオーダーしました

さらさ西陣のコーヒー

いよいよ来ました、コーヒー


いただきまーす。

…ゴクゴク


わぁ~


んーーー

この香り

そして、味わい


なんといっても

口の中に広がる温度。


これは…


これは、まさに…


「いい湯だなぁ~っ!!!」


銭湯がちょっぴり恥ずかしい京子は

さらさ西陣で、ひと風呂浴びていい気分でしたっ

そんな、さらさ西陣の場所はコチラ↓


大きな地図で見る