今回ご紹介するのは

京都市上京区にある

水田玉雲堂(みずたぎょくうんどう)の


唐板(からいた)

唐板(からいた)です!


水田玉雲堂は

上御霊神社(かみごりょうじんじゃ)の向かいにある

創業500年以上という老舗中の老舗のお店で

商品メニューはなんと唐板のみ


水田玉雲堂

水田玉雲堂


唐板だけで500年以上という事ですから

どれだけ愛されてきた

煎餅なのかがわかりますよね


さて、そんな唐板のルーツは
実は平安時代にまで遡る事が出来るんです。


平安時代の863年(貞観5年)

京の都で疫病が流行った際に

その原因と考えられていた御霊を鎮める為

神泉苑(しんせんえん)で

御霊会(ごりょうえ)が行われました


御霊会(ごりょうえ)では

神前に厄除けの煎餅として

唐板煎餅(からいたせんべい)』

と名付けられた煎餅がお供えされ

庶民にも広く授与されたというんですね~


そうです!
このお供えされた唐板煎餅が
唐板の起源とされているんですよ。


けれどその唐板煎餅が

1467年(応仁元年)に起こった

応仁の乱(おうにんのらん)によって

廃れてしまったそうです


上御霊神社

上御霊神社


応仁の乱が落ち着いた1477年(文明9年)
上御霊神社の境内に茶店を出した
水田玉雲堂の先祖の方が
廃れて無くなってしまった唐板煎餅の話を聞き
古い文献から唐板の作り方を調べ
その製法を会得して
復活させたのが現在の唐板というワケです!


水田玉雲堂の入り口

水田玉雲堂の入り口


その後、水田玉雲堂の唐板

厄病よけの煎餅として知られるようになり

上御霊神社の名物となったそうですよ!


現在、境内にお店はありませんけれど

第2次世界大戦の始まる前

昭和15、6年前まではあったそうです


唐板(からいた)

唐板


さて、唐板の原材料を見ると
小麦粉、上白糖、塩、卵のみで
余分なものが入っていないのも嬉しい所


それらを混ぜ合わせて

短冊状に切ったものを銅版で焼くんですね~


実際に唐板を食べてみると・・・


パリパリとした食感で歯ざわりが良く
ほのかな甘みが素朴な感じで
美味しいんですね♪
4、5枚を一気に食べてしましました


という事で今回は上御霊神社

門前菓子として知られる

水田玉雲堂の唐板をご紹介しました~


上御霊神社を訪れた際には

是非とも水田玉雲堂に立ち寄ってみて下さいね


そんな唐板を作っている

水田玉雲堂の場所はコチラ↓

タイトル
コメント
※必須項目です。
コメントに関する注意点
※個人や特定の団体に対する誹謗中傷は、削除させていただく場合がございます。ご了承下さい。
※記事と関係の無いコメントに関しても削除する場合があります。
※投稿後は編集や削除ができません。

画像認証
※必須項目です。

※上の画像で表示されている文字を入力してください。

ニックネーム
ブログURL
※ブログをお持ちの方はURLをどうぞ。
※不適切なリンクは削除される場合があります。

イベントカレンダー

祇園祭のイベント一覧

京都検定過去問

萩の名所巡り

京の茅の輪巡り

半夏生の名所巡り

一初の名所巡り

山吹の名所巡り

椿の名所巡り

桜の名所巡り

梅の名所巡り

最新コメント

公式ツイッター

マスコットキャラ:京子ちゃん
 マスコットキャラ:京子ちゃん
更新情報を中心に、毎日つぶやきます!是非フォローして下さい。

お問い合わせ窓口